能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤戸のつづき

道行の謡からワキの着きゼリフ「急ぎ候ほどに藤戸の湊に着きて候」。気を変えてワキは「いかに誰かある」と従者を呼びます。ワキツレが出て下居「御前に候」と答えます。
ワキは、訴訟ある者は名乗り出るよう触れるように命じます。これを受けてワキツレ一人が立ち上がり、ワキがワキ座に着座し残りのワキツレが地謡前に控える中、常座に出て、この浦の御主佐々木殿のご入部につき、訴訟ある者は罷り出るようにと触れて、ワキ座に向かいワキの横に控えます。

一声の囃子。子方を先に立て前シテ漁師の母の出です。
現行では子方を出しませんが、今回の演出では古い記録をもとに子方、亡き漁師の子を出し、先に出た子方が二ノ松あたりに立つと、後から出た漁師の母が幕前にて「この島のお主のお着きと申すはまことか」と謡い出します。
前シテに対しては孫という設定になる子方が「さん候 お着きと申し候」と返し、漁師の母は(盛綱が)我が子を失わせた人であるので、せめては会ってみようと言って、子方ともども一ノ松まで出て、一セイ「老いの波 越えて藤戸の明け暮れに 昔の春の 帰れかし」を謡って舞台を向き、シオリます。

観世流の現行の形では、一声で登場した前シテが一ノ松に出て一セイを謡い、ワキとの問答になります。これは宝生も同じですが、下掛では現行でも前シテがまず「この島のお主のお着きと申すはまことか」と謡い出し「皆人の形見には・・・」と続けます。下間本など下掛系の古い本には、このシテの詞章の間に、今回のように子方の「さん候 お着きと申し候」の詞が入っているものがあるのだそうで、今回の演出ではこれを取り込んだようです。

ワキは床几に腰をかけたまま母に声をかけますが、この詞「不思議やなこれなる女の」を「不思議やなあれなる女の幼き者を伴い」と、子方を伴っていることにより手直しがされています。
その後は現行の謡本通り、漁師の母が「海士の刈る藻に栖む虫の我からと・・・」と謡い出し、「皆報いぞと言いながら」で子方の肩に手をかけて歩み出し、謡いつつ橋掛りを進んで「科も例も波の底に」あたりでシテ柱まで進むと子方を先に行かせます。子方はワキ正に出、母は常座でワキの方を向くと「御前に参りて候なり」と子方ともども下居します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2029-b66c6dc0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad