能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤戸またつづき

ワキ座から笛座前にかけてワキ、ワキツレ、アイと並び、さらに小鼓前あたりに漁師の母、大鼓前あたりに子方が並んで弔いの場面となります。
ワキ、ワキツレによる待謡の最後「心を静め声を上げ」で一同は腰を落とし立て膝の形で合掌し、ワキが「一切有情 殺害三界不堕悪趣」と経文を唱える謡。

太鼓入り出端が奏されて漁師の霊の出となります。
どうも出端の太鼓が、常よりも柔らかく、高刻みもゆったりとした風に感じたのですが・・・

漁師は黒頭、褸(ヨレ)の水衣。杖を突きつつ出て橋掛りを進み、一ノ松で正面を向いて謡い出しです。
ここも下掛の本に依ったようで「うたかたの 哀れに消えし露の身の 何に残りの 心なるらん 水烟波濤に暮れては 閻浮の春を知らず 海月浮雲に沈んでは 中有の巷茫々たり」の謡が入り、続けて上掛でも謡われるサシ「憂しや思ひ出でじ 忘れんと思ふ心こそ・・・」に続きます。

漁師と盛綱の掛け合いになり、ワキ「いかなる恩をも」漁師「賜ぶべきに」と漁師は杖を一つ突いて、続く地謡で歩み出し。シテ柱から「海を渡すよりも」と常座に出てワキを見ます。
杖を左手にして横に上げ太刀に見立てた形で「胸の辺りを刺し通し」と二度ほど刺す型。三、四足ほど下がってから角へと向かい。両手を上げて回ると「千尋の底に沈みしに」とゆっくり片膝ついて安座の形になります。

漁師「折節引く汐に」と謡って杖に縋りつつ立ち上がり、舞台を廻って「浮きぬ沈みぬ」と一度膝を突いて再び立ち上がります。「埋れ木の岩の」と左右を見、常座で下居。
「悪龍の」と立ち上がるとワキに迫ろうとして正中で杖を上げますが「御弔ひの 御法の御船に法を得て」と杖突きつつ二、三足出、杖を右手に上げて「水馴れ棹」と棹のように取り直し、流レ足で常座まで回り橋掛りへ。
「願ひのままにやすやすと」と一ノ松で回って、さらに流レ足で二ノ松へと到ります。

「かの岸に至り至りて」で母と子方が立ち上がり、子方はワキ正から橋掛りへと進みます。母が正中に進んで、漁師と子を見送る形になり、漁師の霊が幕に入る姿を合掌して見送って終曲となりました。
(78分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2032-fc7653cd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。