能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦戸またつづき

忙しや、忙しやと登場したアイ、錦戸太郎に仕える者と名乗り、頼朝義経の不和により判官が秀衡を頼って下向してきて以来の子細を再度、語ります。

錦戸、泰衡が頼朝方につくことにして泉を誘ったものの、三郎が親の遺言を尊んで同意しないため、泉の館に押し寄せることとなり、自分もこうしてやって来たと語り、皆々も出でやるようにと触れて退場します。

アイが退場すると後見が一畳台を持ち出し、ワキ座前に据えます。シテは大口に側次だったと思うのですが、法被肩上げだったか、いささか記憶が怪しいので、そのあたりはご容赦いただいて、ともかくも白鉢巻きの凛々しい姿で登場して常座から地謡座前へと進み、床几に腰を下ろします。
観世の装束付けを見ると、シテは掛直垂の下に法被か側次を着込んでいて、物着で鉢巻きをし、法被の場合は襷をするとあります。いずれにしても物着を終えると床几に腰を下ろし、後ワキの出を待つ形なのでしょう。

さて一声の囃子、後ワキと、後ツレの立衆5人が登場し、橋掛りに並んで一セイ。ワキは大口、法被に長刀を持って出ます。ツレ立衆は側次。観世では後ツレに泰衡が弓矢を持って出ることになっており、泰衡、ワキ錦戸、立衆と並ぶようです。また立衆の一人が縄を懐中にするとあります。

一ノ松でワキが「いかに泉の三郎・・・」とシテに向かって声をかけ、シテは「いでいで対面申さんと」と立ち上がり「櫓に上がり」と台上に上がって立ちます。シテの詞に対してワキが「問答は無益」と言い、地謡が続くと、ワキは長刀を右手に幕前まで下がり、ここで長刀を立てて構えます。立衆がワキのズレた分、一人ずつ前に出る形。

この後は地謡に合わせての斬り組に。「われ真先にと進みけるに」と、まずは二人が舞台に入り太刀を上げて構えます。「大太刀を柄長におっとり延べて」とシテは台から下り、「多勢が中に割って入りつつ」と二人を斬った形。二人は切戸口から退場し、三人が舞台上に進みます。「ひとりと進める武者の」で一人が斬り合いの形になりますが、三郎に斬られた形で退場します。

シテ「今はこれまでなり」からシテの敗色となり、台上にシテは上がり、ワキが常座にと進みます。シテは「手を合わせ祈念を致し」と合掌し「腹十文字にかき切り床よりも転び落ち」で腹切る型から、台上から前転する形で舞台に転び落ち、残る二人の立衆が後ろから押さえて、宝生の禅師曽我と同様、シテ、立衆三人で幕に走り込みます。

ワキがこれを見送って留。観世では縄の用意があるので、縄をかけてゆっくり退場する形かもしれません。
(50分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2039-a065aa17

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。