能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

西行櫻さらにつづき

さて、アイ能力は、西行が花を愛で感じ入っている様子に、ご機嫌が良さそうだと都人の来訪を告げます。

西行はこれを許し、柴垣の戸を開いて都の人を中に入れるようにと命じます。
アイは橋掛りに向かって声をかけ、一同は立ち上がると「桜花咲きにけらしな足びきの 山のかひより見えしまま」と謡いつつ舞台に入り、常座からワキ正に進んで腰を下ろします。この謡、紀貫之の「桜花 さきにけらしな あしひきの 山のかひより 見ゆる白雲」を引いているのだと思いますが、世阿弥らしく随所に古歌がちりばめられている様子です。

ワキツレの一行と西行の掛け合い、地謡と続き、西行と一同が花を愛でる態になります。しかし出家して嵯峨野に住む西行にとっては、「飛花落葉を観じつつ独り心を澄ます」ところに人々が訪れてくるのは、嬉しくはあるものの「少し心の外」。
この西行の心を受けて地謡が「あたら桜の蔭暮れて 月になる夜の木の本に」と謡い出し、この謡のうちにワキツレの一行は切戸口から姿を消して、西行独りが桜と向き合う形になります。
さらに続く地謡のうちに後見が引廻しを下ろし、浅葱の色大口に茶の単衣狩衣、白垂に風折烏帽子を着け、床几に腰を下ろしたシテが姿を現します。

「花見んと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜のとがには有りける」と西行の山家集にある一首を謡います。
西行は桜の朽木から白髪の老人が現れて、自分の歌を詠うことに驚きますが、シテの老人は「これは夢中の翁なるが いまの詠歌の心をなほも たづねん為に来たりたり」と謡います。

夢中の翁・・・シテが姿を現すところの地謡は「今宵は花の下臥して 夜と共にながめ明かさん」と謡っていて、西行が都人一同を帰した後、独り花のもとに臥してまどろみ、その夢の中に桜の精が老翁の姿で現れたことが窺えます。

さてこの続きはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2044-93735c01

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad