能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐保山のつづき

真ノ次第でワキ藤原俊家の高井松男さん、ワキツレ従臣の則久英志さんと梅村昌功さんが登場してきます。ワキは紺地に金の格子、亀甲と芭蕉かな、文様を散らした狩衣。ワキツレのお二人はいわゆる赤大臣。

舞台中央に進んで向き合って次第を謡います。
脇能の型通りに三遍返しで次第を謡い、ワキの名乗り。藤原俊家と名乗って、春日明神が氏の神であるため、この春暇乞いして、春日明神に参詣するところと述べます。

続いて道行を謡い、ワキの着きゼリフ。春日に参詣して四方の景色を見ると、佐保山の上に見えるのは雲だろうかと問いかけます。ワキツレは、ただ衣を干した様子に見えると言い、ワキはそれならば近くに寄ってみようと、一同で佐保山に上ることにします。
このワキの言葉を聞き、ワキツレが然るべう候と答えて、一同ワキ座に着座します。

さて真ノ一声の囃子。
暫く囃子を聞いていると幕が上がり、紅入唐織着流しに左腕に白絹を掛けたツレが先に出て一ノ松まで進みます。増の面に同じく紅入唐織着流しのシテが後から出、振り返ったツレと幕前で向き合い「日にみがき 風にさらせる玉衣の はるの日影も 匂ふなり」と謡い出します。

ツレの二の句、二人揃って「緑もなびく気色かな」まで謡うと、舞台に向かって歩み出し、ツレがワキ座前、シテが常座のやや前に進んで向き合いサシ。
奈良の名所は数々あれども、中にも春日山を讃え、その山近き佐保山の、山姫が干すという白妙の衣の様を謡います。

二人が舞台に入ると、半幕で出た後見が橋掛りを進み、後見座に着座しました。
現在では後見は切戸から出入りするのが通例ですが、江戸時代には橋掛りから出るのが本来の形だったと聞いたことがあります。翁を別とすれば、後見が橋掛りを進むのはほとんど見かけない形で、私も久しぶりに見ましたが、脇能らしい扱いと感じたところです。

さて二人がサシから、下歌、上歌と謡い、立ち位置を入れ替えてツレが目付、シテが大小前に立って上歌を謡い終えると、ワキが立ち上がって声をかけますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2062-3f470c5a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。