能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐保山さらにつづき

クセは居グセ。佐保山の美しさから三笠山なども謡いますが、「春の日影もよそならで」や「天の児屋根のそのかみ」などの詞章から窺えるように、春日明神や藤原氏を讃える気分が垣間見えます。

ロンギとなり、シテは佐保山の神祭り、月の夜遊を見せるので暫く待つようにとワキに告げ、地謡「山の名の さを投ぐるまの夢の夜の」で立ち上がると舞台を右に回り、常座にいたり正面に向き直った後、改めてシテ柱に詰めます。この様子にツレも立ち上がり、二人中入となります。

シテ、ツレが幕に入るとワキが誰かあると呼びワキツレが進み出ます。所の者を呼ぶようにとのワキの命でワキツレが呼び出し、長上下のアイが進み出ます。
アイは一度一ノ松に出て独り言し、その上で狂言座に戻ってワキツレと向き合って応対。ワキツレの求めに従い、舞台に入ってワキと向き合います。

型通りに、ワキは佐保山の謂われや霞の衣のことなどを問い、アイがこれに答える形で間語りとなります。この辺りの運びは常の曲と特段変わりませんで、アイは概ねを語り終えると、どうしてこの様なことを尋ねるのかとワキに問いかけます。
ワキが最前の女達の様子を話し、アイはここに逗留するように勧めて、ワキが留まることにするという流れも他曲と同様です。ただし良く聞くように、アイ「御逗留にて候はば重ねて御用仰せ候へ」ワキ「頼み候べし」アイ「心得申して候」といったやり取りはなく、アイは「それは近頃有難く候」と言うと立ち上がって狂言座に下がってしまいます。

ともかくもワキ、ワキツレの待謡。謡い終えたワキ一行はワキ座に下がり、太鼓が打ち出して出端の囃子。太鼓がずいぶんと抑えた感じでした。

後シテは白大口に緋の舞衣、天冠を着けて現れ一ノ松で謡い出します。
地謡が受けると舞台へと進んで常座に。六拍子踏んで開キ正中から正先へと出、さらに角から大小前へと回り、正に直して開キ答拝。真ノ序ノ舞の舞出しです。

天女のシテが真ノ序ノ舞を舞うというのは、この佐保山一曲だけで、これがこの曲の真骨頂でもありますが、優雅に舞上げた後、さらに謡い舞いし、目出度く舞い納めて終曲となりました。
(98分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2065-e441f30f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。