能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

條風会を観に行く

13日の土曜日、喜多流若手・・・というと失礼か、中堅と言った方が良いのか、ともかく喜多流「條風会」の公演を観に、喜多六平太記念能楽堂まで行ってきました。

今年が十周年だそうですが、今回第19回の條風会は狩野了一さんの三井寺と、内田成信さんの実朝の能二番。狂言は山本家の栗焼です。
條風会は故喜多実師の教えを受けていた狩野了一、友枝雄人、内田成信、金子敬一郎の四氏が、塩津哲生さんの後援で立ち上げた会だそうで、お二人ずつ能を演じ、残るお二人が仕舞を舞うと、そういう形で会を催されてきたようです。

いずれも面白く拝見しました。
数年ぶりに観た「三井寺」の親子の再会というテーマは能では珍しいものではありませんが、胸に迫るものがありしみじみととした気分に浸りました。
「実朝」は喜多流の新作能・・・といっても初演から60年以上が経ち、流儀のスタンダードになっている様子ですが、私は初見。新作能らしい工夫が随所に見られて、これまた味わい深い一番でした。ただしテキストが手許にないので、いきなり本番を観る形。事前にテキストを読むなりしておけば、もっと楽しめたのにと思った次第です。
いずれにしても後日鑑賞記をまとめたいと思います。

また四人の後援者でもある塩津哲生さんの谷行の仕舞がありました。塩津さんのお体の様子は、他のブログの記事などでも時々拝見しますし、舞台上でもお見かけして気になってはおりました。しかしこの日、あらためて仕舞を拝見し、そうしたものを超える芸の力をしみじみと感じたところです。
昨年1月に国立の特別公演で望月をなさった後、日経新聞に演劇評論家村上湛さんの評が載りましたが、4年ほど前に演じた望月よりも、現在の体調の上で演じた望月の方が深さ、芸格の点で数等上と評し「能とは、芸とは、実に果ての知れぬ恐ろしいものである」と記されていました。
この日の仕舞も「果ての知れぬ」ものと感じたところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2066-81041fe7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。