能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三井寺のつづき

アイとシテのやり取りになりますが、まずは立ち上がったアイが清水寺門前の者と名乗り、清水寺に参詣する上臈に宿を貸したのだが、そろそろ戻ってくるところなので迎えに出ると言って、常座に進みます。一方シテは立ち上がってゆっくりと右に回り、アイと気付き合います。
アイは後見座から鬘桶を持って出て大小前に据え、シテがこれに腰を下ろすと、アイは角に行ってシテに向き合い声をかけます。

何かお告げはあったのかと問うアイに、シテが近江国三井寺に参れとの霊夢があったと答え、これをアイが判じます。
その言葉に、シテは「あらありがたの御事や」と合掌し「教えの告げに任せつつ」と合掌を解くと、アイがシテの後ろに回って鬘桶を押さえ、シテは立ち上がって「三井寺へ参り候はん」とアシライで中入です。シテに続いてアイも幕に入ります。

凜太郎さん、先日は止動方角の馬で拝見しましたが、今回は長上下姿での登場。若者らしい清新さを感じる演技です。顔かたちは違いますが、発声や抑揚は泰太郎さんにそっくり。芸はこうして受け継がれていくんだと思う次第。

さて中入の後は、後見が角に鐘を持ち出してきて、目付柱を背に笛座に正面を向けるような形で据えます。一呼吸あって次第の囃子。
子方を先に立て、ワキ宝生欣哉さんに、ワキツレの大日向寛さん、森常太郎さんが続き、アイ能力の山本則孝さんと、都合5人で橋掛りを進んで舞台へ。

ワキは小格子厚板にシケ水衣、白大口に角帽子の大口僧。ワキツレ従僧も同装ですが、無地熨斗目にヨレの水衣です。舞台中央に向き合って次第。続いてワキは、江州園城寺の住侶と名乗り、行方知れずの子と師弟の契約をし面倒を見ている旨を述べます。さらに、今宵は八月十五日、中秋の名月の夜なので若い人たちを伴って月を眺めようと思うと述べてワキ、ワキツレで上歌。謡い終えると「まづかうかう御座候へ」で、子方から順にワキ座に着座します。ワキはアイ能力を呼び出し、小人を伴っているので何か一曲奏でるようにと言いつけ、アイは小舞「いたいけしたるもの」を舞います。

舞い終えたアイは何か騒ぎの様子に気付き、シテ柱に寄って橋掛りの方を見やり女物狂いがやって来るのに気付きます。面白そうなので中へ入れたいものと、ワキツレに申し出ますが「無用」と言われてしまいます。しかし自分の判断で中に入れようと思い立ったアイは、道を空けて物狂いが中に入れるようにと所作で示して笛座前に着座。一声の囃子で後シテの出となります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2068-12cd7afd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad