能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井寺さらにつづき

後シテは箔を腰巻に浅黄の水衣を着け、右肩に笹を担って狂女の態。箔は紺地に、おそらく柳に燕だと思うのですが、これに喜多流の流紋である喜多霞をあしらった美しい装束です。
橋掛り一ノ松で「雪ならば幾度袖を払はまし」と謡い出します。志賀の山を過ぎ比叡山を拝むと謡い「あら有難の気色やな」と合掌します。

続く詞で、自ら物に狂うことを述べますが、それも道理。「あの鳥類や畜類だに」と幕方を振り返って思いを馳せ、鳥や獣でも親子の別れを知ろうものを、ましてや人の親・・・と述べ、「子の行方をも白糸の」と謡いつつシカケ開キ、地謡「乱れ心や狂ふらん」で舞台に入り正中に進んでカケリとなります。

カケリを舞い上げ、大小前から「都の秋を捨てて行かば」と謡いつつ正中に出ると、地謡に。六拍子を踏み地謡を聞きつつ開キ「月も雪も故郷に」とシカケ開キ。我が子を見出し故郷に帰ろうとの謡に合わせつつ、拍子を踏み舞台を廻り「三井寺に早く着きにけり」と大小前で小さく回って正面を向きます。

ワキが「桂は実る三五の月」と謡い出し「庭の木陰に休らへば」と謡うのをシテが受け、「折しも今宵は三五夜中新月の色」と謡い出します。「秋も最中夜も半ば 所からさへ面白や」と謡って地謡に。謡に合わせてシカケ開キ、舞台を廻って「船もこがれて出づらん」と船漕ぐ心か両手に笹を持ち「舟人もこがれ出づらん」と常座に向かいます。

ここでアイが立ち上がり、鐘を撞くのを忘れそうになったなどと言いつつ正中に出て、鐘を撞く所作をします。「じゃーん もーん もーん」と声を出しつつ鐘を撞いていると、舞台から橋掛りへと入ったシテが二ノ松あたりで振り返り、歩みを早めて舞台に戻ると、アイを笹で打ちます。アイは「蜂がさいた」と言い、シテは「妾も鐘をつかう」と言います。
アイはこの鐘は人の撞かぬ鐘だと言いますが、人の撞かぬ鐘をお前はどうして撞くのかとシテに問われ、この寺の鐘撞く法師だと答えます。ツクツクボウシに懸けているのですが、このやり取りは以前書いたように観世流にはありません。どういう次第で改作されたのかは分かりませんが・・・
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2069-e7f84370

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。