FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

牛盗人 野村万蔵(萬狂言 水戸公演)

和泉流 水戸芸術館 2006.09.23
 シテ 野村万蔵、奉行 野村萬
  太郎冠者 野村扇丞、次郎冠者 吉住講
  藤吾三郎の子 野村虎之介


狂言が劇として完成度を高めてくる中で、鶏猫(ケイミョウ)や、この牛盗人のように、笑いのない狂言が出来上がってきたのでしょうね。
落語で言う人情話のような狂言で、言ってみれば「ええ話やなあ」というところでしょうか。


この牛盗人は和泉流だけの曲で、もともとは違う筋立てだったようですが、現在は鶏猫とほぼ同じ筋立てになっています。
鶏猫の方は、どうやら廃曲になってしまった「羊(ヒツジ)」という能があり、これを狂言で演じようとして作られたらしいのですが、牛盗人はもともとあった別な狂言を、この鶏猫の筋立てで演じるようになったのではないかと言われています。


鳥羽の院の離宮の牛が盗まれて、その犯人を訴え出た者には何でも願いを叶えるという高札を、奉行が立てさせます。するとこの高札を見て、「藤吾三郎という男が盗人」だと子供が訴え出てきます。
この子の訴えをもとに藤吾三郎が召し捕られるのですが、さてそれからのやり取りがなかなか泣かせます。


子方、藤吾三郎の子が大変重要な役回りです。
万蔵さんのご子息、虎之介クンが熱演しましたが、堂々とした演技でした。さすがに万蔵家の跡取りという感じです。
萬狂言では今年の初めから各地でこの牛盗人を上演していますが、ある意味、万蔵家の跡取りとしての虎之介クンのお披露目的なところがあるのかもしれません。


しかし人間、思い込みというのはスゴいもので、この狂言は本当に笑うところのない曲だと思うのですが、取り立てて笑いを誘うようなところでもないのに、時々、客席から笑いがちらほら。同じ台詞、所作を、普通の演劇でやったら絶対笑いは出ないだろうなあというところでも、笑う方がいます。
狂言だから笑うもの・・・と、最初から決めて見ているのではないか、とふと思ってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/207-b2c48bd1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。