能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三井寺さらにさらにつづき

シテは鐘の音を愛で、この鐘は藤原秀郷が龍宮より持ち帰ったものと来歴を語ります。その龍宮にちなみ、龍女が成仏したという縁に任せて、自分も鐘を撞こうと言い、地謡が次第「影はさながら霜夜にて 月にや鐘はさえぬらん」を謡います。

地取りのうちに、シテは後見を振り返り笹を渡して扇に持ち替えると鐘楼に寄ります。
ここでワキが声をかけて、鐘を撞こうとするシテを止めます。シテは常座に下がってワキを向きつつ「夜庾公(真ん中の文字は機種依存文字のため表示されない場合はご容赦ください。麻垂の中に臾を書いた字でユと読みます)が楼に登りしも 月に詠ぜし鐘の音なり」と言い、ワキとの問答になります。
狂人が鐘を撞くのとは訳が違うというワキに、シテは漢詩にまつわる話を引いて、名高き詩聖でも月に心が乱れるのだから、狂人とても月に鐘を撞こうとすることを許して欲しいと言います。この「団々として海嬌を離れ。冉々として雲衢を出づ。今宵一輪満てり。清光何れのところにか無からんと」という詩をめぐる話の出典は分かりませんが、そうした話があるのでしょう。
なお「夜庾公が楼に登りしも」は謝観の「雪の賦」を引いての言葉と思いますが、この詩については、以前「雪」の鑑賞記を書いた際に触れていますので参照頂ければと思います。(「雪」の鑑賞記へのリンク

続いて鐘ノ段、段物の一つですが仕舞でも取り上げられる趣き深い部分。
まずはシテが「ましてや拙なき狂女なれば」と合掌しつつススッとワキに寄り、地謡に合わせ六拍子踏み返し、「初夜の鐘を撞く時は」で正先に出て「諸行無常と響くなり」と謡いつつ開キ。「後夜の鐘を撞く時は」で右に回り、「是生滅法と響くなり」と謡いつつ舞台をワキ座側から右回りに廻って大小前に進み、さらに地謡との掛け合いの謡で開キ。拍子を踏んで、地謡の「菩提の道の鐘の声」で鐘に寄り、小廻りして鐘につけられた紐・・・紅段と云うのだと思うのですが、これを引いて正中で「百八煩悩の眠りの」と鐘撞く形で足拍子。
「はや尽きたりや後夜の鐘に」と大小前に進み、紅段を放して「真如の月の影を眺め居りて明かさん」と鐘楼のやや上の方に面を上げて、月を見る風情です。

地謡「夫れ長楽の鐘の声は 色の外に尽きぬ」で、二足ほど出て大小前に下居。クリ、サシ、クセと、下居したまま謡が続きますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2070-41d83cf7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad