能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実朝のつづき

舞台は次第の囃子で、直ぐにワキの登場となります。無地熨斗目着流し、水衣に角帽子の旅僧、森常好さんが登場してきます。常座まで進み型通り次第「捨て果てぬ身の旅なれば 捨て果てぬ身の旅なれば 花に心の染まるらん」と謡います。(この曲は昨日書いたようにテキストを手に入れておりませんので詞章は聞き取りです。間違いもあろうかと思いますがご容赦下さい)

地取りの後、正面を向いて都方より出でたる僧と名乗り、東路の春を尋ねて伊豆箱根と詣で、鎌倉へと向かうところと述べます。続いて道行。伊豆を過ぎ浦伝いに鎌倉へと向かい、鶴岡八幡宮を詣で由比の浦にやって来たと謡って着きゼリフ。暫く休らい浜の気色を眺めようと言ってワキ座に着座します。

一声の囃子、暫く囃子を聞いていると幕が上がり、前シテ老翁が登場してきます。
尉面、尉髪・・・三光尉でしょうか、残念ながら能面に詳しくないのでしかと分かりませんでしたが、無地熨斗目着流しに灰色のシケの水衣を着け左手に棹を持っています。
たぶん「渚漕ぐ海人の小舟の・・・」と謡ったように聞きましたので、舟人ということなのでしょう。

ところが、シテ、地謡の謡が終わるとワキが謡いだし、日の落ちた岩陰から立ち現れた人を見れば、磯にも岸にも船は無いのに漕ぎ出そうとしている様子、いったい如何なる者かと問いかけます。船が無いのに船を漕ごうとする、不思議な様子が謡われて、後々の伏線になります。

シテは答えをはぐらかす様子ですが、ワキは重ねて、あやめもわからぬ暗闇の中をどこへ行こうとするのかと問いますが、シテは自分も知ることはできない、ただ寄せ来る波の彼方、唐国への思いにこの岸辺をいつまでも去ることができないのだと謡い、ワキ、シテの掛け合いから地謡となります。

地謡の「影もほのかに夜の海」でワキ正まで出ると、右ウケして左右を見回しつつ目付方に出、「冴え渡りゆく松陰の」で正先を見込み、左から回って正中へ、さらに常座と進んで、地謡いっぱいに常座で開キます。

するとワキが「げに今思い出したり」と語り始めますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2076-6b1868d8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。