能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実朝もう一日のつづき

太鼓が入って出端の囃子。割と刻みが早い感じがしますが、幕が上がり後シテの出です。白の袷狩衣を衣紋着けにし、指貫込大口、黒頭に初冠、太刀を佩いて橋掛りを進み、一ノ松にて一声です。

正直のところ、後場は囃子が入っての謡が主ですし、運びも早いのでうまく聞き取れていません。現れ出でた後シテが、自ら三代将軍実朝と謡い和歌に寄せる思いを謡ったように聞いたのですが、残念ながら確証はありません。聞こえてくる断片からそういう内容だったと感じた…というところです。

さて囃子が急調になるなかで、シテは謡いつつ足拍子を二つ踏んでノリ込み開キ。一度幕を振り返ってから向きを変え、地謡が謡う中舞台に入り正先へと進みます。
両袖の褄を取って放し、左袖を巻き上げて舞台を廻ると「大海(おほうみ)の」と謡い、地謡が「磯もとどろによする浪われてくだけて裂けて散るかも」と続けて早舞に入ります。

ここもはっきり聞き取れたわけではありませんが、実朝の歌としては有名な一首ですので間違いなかろうと思います。
早舞と書きましたが、だいぶん工夫された舞のようです。舞の入りも形が随分と複雑な印象でした。途中、盤渉に調子が上がっていわゆるクツロギの形で橋掛り幕前まで進みましたが、型がかなり変則の様に感じました。もっとも喜多流の早舞自体を存じている訳でもありませんので、常の型とどう違うと分かったのではありません。単なる印象ですが、ともかくも実朝の渡宋の思いと大海の様が感じられるような、大きな印象の舞でした。

右袖を被いて橋掛りから舞台に戻り、一度、常座で沈み込むような型を見せてさらに舞台を廻って早舞を舞上げます。
さらに謡い舞いとなり、招き扇しながら橋掛りに入り、二ノ松あたりで左袖を巻き上げると、地謡を聞きつつシテはそのまま幕に入ります。シテを追うように立ち上がったワキが、常座で幕に入るシテを見送り留となりました。

繰り返しになりますが、これだけでも観能としては十分だ・・・とも思えますが、欲張るようですがテキストに目を通しておけば、特に後場の展開がもっと深い意味で理解できたのではないかとも思えます。いささか残念な思いは残りましたが、三井寺といい実朝といい、充実した舞台を拝見した印象です。
(71分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2079-c1843e20

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。