能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道明寺またつづき

さて話は戻りまして、狂言来序でアイ末社の登場です。括り袴に水衣、末社頭巾を被った末社出立で出てきます。面は登髭ですか、狂言面は能面にも増して様々な表情のものがあり、何と特定し難いのですが、髭があるので・・・

アイは常座に出ると、河内国土師の寺、七社勧請の霊神に仕え申す末社の神と名乗り、道明寺の縁起から述べ始めます。
当地の木槵樹(モクゲンジュ)は、昔、菅丞相が時平の大臣の讒言により筑紫に流されたときに、この寺に逗留し、五部の大乗経を供養した後、埋めたところから生えてきた木を木槵樹と名付けたもの。その実を取って百八の数珠となし念仏百万遍すれば往生間違いないと続けます。
アイはさらに続けて、相模国、田代の尊性が善光寺に籠もって祈念をしたところ、河内国土師寺の木槵樹の実を取って、百八の数珠となし念仏百万遍すれば往生間違いなしとの霊夢を蒙ったので当地にやって来た。そこで諸神の御喜び限りなくて、先に白太夫の神が現れ、尊性と言葉を交わされた。さらに重ねて舞楽を奏し、奇特を見せようと約されたが、そのお待たせする間に、我等のようなる末社も出でて、慰めするようにとのことで、こうして罷り出たのだとしゃべります。

そして急ぎ御礼申そうと、目付に出てワキを認め、正中に出て下居、当社に仕える末社と名乗り御礼申し上げる形になります。
一渡り挨拶して立ち上がると常座に戻り、一段のご機嫌に申し上げたと喜びます。
「めでたかりける 時とかや」と謡って囃子が入り「やらやらめでたや めでたやな」と謡い舞いになります。
この曲では間狂言は三段之舞を舞うと記されたものもありますが、この日は三段之舞はなく、三段ノ舞の後の謡い舞いの部分のみを舞って、暇乞いし幕に入りました。
凜太郎さんのアイでもあり、三段之舞がなくていささか残念ではあったのですが・・・

さてアイが幕に入ると出端の囃子となり、後ツレ天女の登場です。
が、この後、長くなりそうなので、もう一日明日につづきます
** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2085-779dd508

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。