能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

道明寺もう一日のつづき

軽やかな出端、笛の音に幕が上がり、紫の色大口に緋の長絹、天冠を着けた後ツレ天女が登場してきます。地謡の「久方の 天の岩戸の神遊 いま思い出も面白や」を聞きつつ、一ノ松で長絹の袖露を取り、常座に進んで答拝して天女ノ舞となります。

この日の上演、前ツレ鈴木啓吾さん、後ツレ坂真太郎さんともに充実した演技で、天女ノ舞も「ツレの舞」のレベルを超えていた感じです。もっとも鈴木さんも坂さんも、既にベテランの域になりつつあり、当然と言えば当然ではあるのですが・・・

天女ノ舞を舞上げるとノリ地の謡に大左右、サシ込み開いて「琵琶琴和琴 笛竹の」とサシてワキに向かい、正先から常座にと回ると、雲扇して「などや遅きぞ 白太夫 急いで出でよと 待ちたまふ」と後シテの出を待つ形、きれいに決まりました。

イロエ出端の囃子で後シテの出。茶金の半切に白地の袷狩衣、白垂に鳥兜を着けて、面は・・・あれが茗荷悪尉なんでしょうか、目に金泥が入っているような印象です。
重々しく橋掛りを進んで一ノ松に。「月も輝く宮寺の」と謡い出しです。

大小前に控えていたツレが立ってワキ正へ。ここから「いかに白太夫の神」とシテに謡いかけ、笏拍子を打つようにと勧めます。シテ、ツレの掛け合いになり、シテは笏拍子の役を辞しますが、重ねての求めに笏拍子を打つことにし、地謡「輝けるその中に」から正面を向いて開キ、ツレが笛座前に下がる一方、シテは舞台に進んで大小前、さらに四足ほどサシ込み開キして両袖の露を取り「笏拍子は面白や」と答拝して楽になります。

この楽、悪尉楽というんだそうで、悪尉の面を着けて舞う楽だから悪尉楽なのでしょうけれども、常の楽とは随分と雰囲気が違います。ずっと重い感じです。
ゆったりと舞上げると二足ほど出て七つ拍子。左右と引いて「膝を屈して仏を敬い」と両手をついて平伏します。

立ち上がると目付にゆっくり進み「寿福を招き」と角トリ。左へ回って正中から大小前。開いて左袖を巻き、正中で枕扇の形。立ち上がり舞台を廻って大小前。招き扇から「木の実を振い落し」と木の実を落とす態で作り物に寄り、扇で実を掬い取る形。
ワキに向いて「尊性に与えつつ」とワキに捧げる形から、正先へノリ込み。扇カザして舞台を廻り、ワキ正向いて手を打合せ、拍子二つ踏んで左袖を巻き上げると「神楽の夢は覚めにけり」と少し出て留拍子。終曲となりました。
(114分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2086-4631eda0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad