FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

咸陽宮 今井泰行(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2006.10.14
 シテ 今井泰行、夫人 高橋憲正
  ツレ 東川尚史 金森隆晋
  ワキ 殿田謙吉、アイ 野村萬斎
   大鼓 内田輝幸、小鼓 住駒俊介
   太鼓 大川典良、笛 成田寛人


シテが秦の始皇帝という、ある意味珍しい曲です。


まずは大小前に一畳台が持ち出されて引立大宮が立てられます。観世流ではなぜか台だけで大宮を立てませんが、それも一つの主張なんでしょうね。


続いてアイの官人が登場し「燕の国の地図と樊於期(ハンオキ)の首を持ってくる者には思いのままの恩賞を与える」と告げて狂言座に着します。
まず間狂言が登場して口上を述べる形の始まり方を狂言口開(キョウゲンクチアケ)と言いますが、唐服姿の萬斎さんが重々しく宣旨を触れました。
萬斎さんはこの咸陽宮のアイの後、目黒の喜多の能楽堂に移って、塩津さんの石橋でアイを演じる予定。ご活躍ですね。


さてこの曲は登場人物も多くて、狂言口開の後にシテの始皇帝の一行が真之来序という重々しい囃子で登場してきますが、シテ始皇帝のほかに、主ツレ(オモツレ)として花陽夫人、その侍女のツレがこの日は二人。ワキツレの侍臣が三人となかなかの人数。
さらに敵役として、ワキ荊軻とワキツレ秦舞陽が登場します。
これだけの人数になると舞台もいささか狭い感じです。


さて物語がどう展開するのか、これは明日に続きます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/209-b6afb45f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。