能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍馬天狗のつづき

文を受け取ったワキは文読む形で謡い、西谷僧からの花見の誘いの文を読み、古歌「けふ見ずは くやしからまし 花盛り 咲きものこらず 散りもはじめず」と謡って、文を胸にしまいます。
さらに、たとえ誘いがなくとも見に行くものを・・・などと謡い、地謡を一句聞いて、一同は舞台に入ります。

先頭の牛若がワキ座まで進み、兒達は常座まで順に並んで着座します。
ワキが「いかに能力」とアイを呼び出し、子供達を伴っているので、何か一曲奏でるようにと命じ、アイの謡い舞い。
「いたいけしたる物あり、張子の顔や塗児衆、くしや結びに笹結び、山科結びに風車、瓢箪に宿る山雀、胡桃に耽る友鳥、虎斑の狗子、起揚がり小法師ふり鼓、手鞠や踊る毬小弓」と謡いながら舞う形です。
いつぞやも書きましたように、大藏流では「いたいけしたるもの」という狂言小舞で、ここには大藏の詞章を書きましたが、和泉流は若干の異同があるようです。

この謡い舞いの途中でシテが後見座から立ち、正中に着座します。「鞠小弓」まで謡ったアイは、ここで見知らぬ客僧が座しているのに気付きます。
見慣れぬ客僧がいるので、この由を申し上げようと言ってワキに寄り、当山では他山の輩は禁制であり、急ぎ引っ立てましょうと進言します。
しかしワキは当山では無用のこと、と取り合いません。花は明日でも見られるもの、まず此処を立とうと声をかけ、能力と牛若を残し、ワキ、ワキツレ、兒たちは退場してしまいます。

残ったアイ能力は不満に声を荒げ、皆が奥に行ってしまったのはこの客僧のせいだ、このこれを・・・と拳をあげ、いただかせたいものだと言って足拍子を踏みますが、拳を振り下ろすことも出来ず、のう腹立ちや 腹立ちやと言いつつ退場します。

アイが姿を消し舞台が静まると、シテがゆったりと謡い出します。
人家に花があれば入って来る人もあるもの。貴賤や親疎を問わず(ともに花を楽しむこと)こそ、春の習いであろうに、慈悲深いという多聞天を本尊とするこの鞍馬寺にあって慈悲のない人々であることよ、としみじみと謡います。
これに牛若が謡いかけますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2098-c2b94bd1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。