能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗さらにつづき

シテの謡を受けて、子方牛若の謡。立ち去っていった人々を慈悲に洩れたと嘆くシテに、近く寄って花を眺めるようにと勧めます。

シテ、子方の掛け合いで謡が進み地謡に。見知らぬ客僧に声をかけ花見を勧めた牛若と、山伏の心が通う様が謡われます。ここの掛け合いから地謡の詞章は、なにやら深い意味がありそうなのですが、正直のところよく分かりません。直訳しただけでは「ああそうですか」に終わってしまう・・・もう少し古典の教養があると良いのですが。
ともかくも地謡の後、シテがあらためて牛若に対し、兒達が皆帰ってしまったのに、どうして一人残られたのかと問いかけます。

子方牛若は、兒達が平家の一門、わけても清盛の子供達であるため、寺も兒たちを大切にしているが、自分は月にも花にも捨てられたのだと言います。
これを受けてシテは「流石に和上臈は常磐腹には三男、毘沙門の沙の字をかたどり、御名をも沙那王とつけ申す」と、いきなり牛若の素性を語ります。見所にも、この山伏はただならぬ者と理解されるところです。

地謡下歌、上歌と聞いて、途中「夕べを残す花のあたり 鐘は聞こえて夜ぞ遅き」で座したまま目付柱の方を向いてやや上を見上げ、続いてやや面を伏せて鐘を聞く態。「奥は鞍馬の山道の」で立ち上がると子方に寄り、子方を立ち上がらせると後ろに立って手を放し正中へ。「さてもこの程お供して」あたりで、シテ正中、子方ワキ座で向き合う形になります。

「愛宕高雄の初桜」とシテは正先へ出、開いて目付、常座と回り「見残す方もあらばこそ」と謡一杯に常座からワキ座に立った子方と再び向き合います。
ロンギの謡。子方はシテに名を名乗るようにと謡いかけ、シテはこれを受けて、この山に年経たる大天狗と名乗りつつ出て開キます。
地謡「君 源の棟梁にて」と面を切って正中へ出、「平家を討たせ申さん為」と幕方を見込みます。「さも思し召されば」で子方に向き直ると「明日参会申すべし」と両手をついて別れを告げ、立ち上がって目付から正中、常座と回り「大僧正が谷を分けて」の謡に一ノ松までススッと進みます。
しばし一ノ松で佇み謡を聞くと、来序であらためて退場。子方も続いて退場し、アイの出となります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2099-ad0b6209

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad