能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍馬天狗またつづき

後子方は常座にて一声を謡い、地謡でワキ座へと移ります。
ながながと書いてきましたが、ここまでは小書無しの鞍馬天狗と特に大きく変わるところはありません。
変化があるのはここからで、地謡の「花やかなりける出立かな」の最後が長く引かれる中、大べしの囃子がかぶります。大ベシはそもそも極めてゆったりとした囃子ですが、白頭の位ということか一段重い感じがします。

後シテ大天狗は、白頭に大兜巾を付け、白の袷狩衣に白の半切、背に羽団扇を刺し、鹿背杖突いてゆったりと登場です。続いて天狗が八人、こちらは赤頭、概ね紺地の袷狩衣に朱の半切の出立です。

大天狗はシテ柱横に立ち、八人が橋掛り、幕前までずらっと並びます。これは壮観。
「そもそもこれは 鞍馬の奥 僧正が谷に年経て住める 大天狗なり」と、白頭の大天狗らしい、ゆったりと重々しい謡。
地謡が「先御供の天狗は。だれだれぞ筑紫には」と続け、常ならばシテとの掛け合いになるところですが、小書により供の天狗が出ていますので「彦山の豊前坊」から地謡と掛け合いつつツレの天狗が名乗るように謡う形です。

この謡の途中「大峰の前鬼が一党」あたりで、シテは杖を突きつつ舞台に入り、常座に立つと袖を巻いて正中へと出てきます。
「我慢高雄の峯に住んで」あたりで目付柱を見上げると、正に直して二、三足出て足拍子。「霞とたなびき雲となって」の地謡に、正中で一つ回って左袖を被き下居。
「月は鞍馬の僧正が」と立ち上がると目付柱に向かいます。控えていたツレ天狗一同も立ち上がり、八人のうち手前の三人が舞台ワキ正に並びます。
地謡の謡一杯にシテは鹿背杖を捨て、子方との問答になります。

このつづきもう少し長くなりそうですが、本日選挙の関係で夜まで出歩いておりましたため明日にまた・・・
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2101-30e224e7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。