能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

一角仙人さらにさらにつづき

楽を舞上げると地謡「糸竹の調べ数々に」となり、シテはサシ込み開キ、大左右。ツレ夫人は扇を広げシテの木の葉団扇に「盃も度々廻れば」と酒を注ぐ形。
シテは角に出「仙人は次第に足弱車の」とタラタラと下がり、大小前にて座して「舞の袂を片敷き臥せば」枕扇の形になります。

「夫人は悦び」と太鼓が刻み、心がはやる風を感じさせます。シテが眠り込んだ風に、ツレ夫人は立ち上がって橋掛りへと向かい、鏡板にクツロイでいたワキツレがシテ柱あたりでツレに輿を差し掛けます。ワキもつづいて「帝都に帰らせ給いけり」で幕に入ってしまいます。

さて直ぐに地謡が調子を変え「かかりければ岩屋の内 頻りに鳴動して」と拍不合で謡い出します。

シテは「あら不思議や」と謡いつつ立ち上がり、ワキ正に出て「竜神をを封じ込め置きし岩屋の俄に鳴動するは」と謡いつつ岩屋を見込み、下居します。
すると岩の内から子方が「いかにやいかに一角仙人」と謡い出し、シテは肩上げして左手に剣を持つと、この子方の謡いっぱいにワキ座へと向かいます。

地謡となり「山風あらく吹き落ちて」の謡にシテはワキ座から岩を見込みます。「盤石四方に破れ砕けて」で岩が左右に割れ、赤頭に龍戴をいただき、袷法被に半切、打ち杖を持った子方の竜神二人が姿を現します。
二人はそのまま舞働。台上に上り、また舞台へ出て竜神のちからを示す形。

シテの謡から地謡となり、シテは正中に出て剣を抜いて竜神と戦いますが、竜神二人に押され「仙人神通の力も尽きて」と橋掛りへ逃げ、二の松辺りで「倒れ伏せば」と両手突いて伏せ、立ち上がるとそのまま幕に入ります。
竜神二人が舞い続け、一ノ松、二ノ松に一人ずつ立って足拍子を踏んで飛び回り、留拍子を踏んで終曲となりました。

この曲、竜神は子方が務めるのが普通ですがツレとしても良いようです。金記さんの演能もツレでした。ただし大人のツレ二人が岩に隠れることは不可能ですから、岩屋を省略されたのだろうと思います。もっとも、ツレ二人の時は、一人が岩屋に隠れ、もう一人は幕から出るという演出もあるようですが・・・

附け祝言は呉服。あれぇこれ何だっけと暫し茫然。東京では附け祝言に絶対出てこない曲ですね。
(50分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2110-0cd18f85

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad