能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父尉延命冠者のつづき

開演を待っていると、後見、おそらく浅見真州さんだったと思うのですが、片幕から上半身を見せて切り火。ああ、翁だなあと、しみじみ思ったところです。観世流は舞台に向けて切り火しますが、他流ではあまり記憶がありません。

さて幕内から長く引く声が聞こえ幕が上がると、緑の直垂姿の面箱持内藤連さんが先に立ち、続いて翁太夫の銕之丞さん、延命冠者の淳夫さんが続きます。翁の装束は常の蜀江錦の翁狩衣ではなく、茶の狩衣で指貫も白と常と異なる形です。観世家には徳川家康から拝領したという薄茶地銀欄の翁狩衣があるそうですが、この日の装束の由来はどうなのか・・・

ともかく面箱持が舞台に進み角に着座すると、翁が正先まで進み出て両手を突いて深く拝礼します。延命冠者以下の一同が橋掛りに控えて着座するなか、翁太夫は笛座前に向かい、音を立てつつ目付柱を向いて着座します。これを合図に面箱持が面箱を持って翁に寄り、向かい合って座すと面箱を開いて面を用意します。
正面席を取っていたので、面箱持の背中から見る形になり、手許はよく分かりませんでしたが、袋に入った面を取りだして面箱の上に並べる際、いつもよりもかなり時間がかかりました。常の形では白式尉一面を取り出すだけですが、今回は面箱持から見て左側に父尉の面、右側に延命冠者の面を並べる形になっています。

さて面箱の準備が整うと、延命冠者がワキ座に、面箱持がその隣の地謡座側に控えて着座。囃子方、地謡一同も着座し、笛が座着キを吹き出します。
直ぐに小鼓方が身支度を始めますが、同時に延命冠者も立ち上がり、翁のそばに寄ると面箱の地謡座側に面箱を向いて着座。翁と90度の位置に座して面箱から延命冠者の面を取り上げ、戴いて面をかけました。面の紐は浅葱色のようでしたが、白式尉同様、目をへの字の形にして笑い顔の表情です。

延命冠者は翁の横、地謡座側に座してシテ柱の方を向いて面をかけ、後見の永島忠侈さんが面紐を締めます。
翁が「とうとうたらり」と謡い出し、地謡と交互に謡いますが、地謡「幸ひ心に任せたり」に続く翁の「とうとうたらりたらりら」の謡の辺りで、延命冠者の用意が調い、地謡座前のあたりに下居して待つ形。地謡の「ちりやたらいたらりら たらりあがりららりとう」の最後に笛がヒシギを吹くと延命冠者は袖露取って立ち上がり、「鳴るは瀧の水」と謡いつつ大小前へと向かいます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2113-c6906da5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。