能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

父尉延命冠者さらにつづき

地謡「絶えずとうたりありうとうとうとう」の謡にこたえ、延命冠者は「絶えずとうたり 常にとうたり」と謡って舞に入ります。
千歳之舞の型を知っているわけではないので、あくまでも印象に過ぎませんが、常の千歳之舞と特段変わらないと感じました。この舞の内に翁太夫が面箱から父尉の面を取り出します。
父尉の面は、常の白式尉と比べるといささか目が吊り上がった独特の表情ですが、切り顎の形式で白式尉、黒式尉と共通です。翁太夫は面を一度押し戴いてから着けます。

延命冠者は舞い終えると「所千代までおはしませ」と謡い出します。
ここの詞章は四日之式とは異なっていて、延命冠者の謡に続き
地謡「我らも千秋さむらはう」
延命冠者「鶴と亀との齢にて 所は久しく栄え給ふべしや鶴は千代経る君はいかが経る」
地謡「萬代こそ経れありうとうとうとう」
と謡って二度目の延命冠者の舞に入ります。

延命冠者は舞の途中扇を広げ、舞い終えると大鼓の前あたりに立ちます。四日之式では舞い終えた千歳はワキ座に戻りますが、延命冠者は大鼓の前のあたりに立ったままで、翁、ここでは父尉の謡を聞く形になります。

四日之式では千歳之舞の後、
翁「座して居たれども」
地「尋(いろ)ばかりやとんどや」
地「参らうれんげりやとんどや」
翁「千早振 神のひこさの昔より 久しかれとぞ祝ひ」
地「そよやりちや」
翁ワカ「凡そ千年の鶴は 万歳楽と歌うたり 又万代の池の亀は 甲に三極を備へたり 渚の砂 索々として朝の日の色を朗じ 瀧の水 冷々として夜の月鮮かに浮んだり 天下泰平国土安穏 今日の御祈祷なり 在原や なぞの 翁ども」
地「あれはなぞの翁ども そや何くの翁とうとう」
と謡が続きます。その後は翁が「そよや」と謡って翁之舞です。

しかし今回は詞章も異なりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2114-0b5f5a07

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad