能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父尉延命冠者さらにさらにつづき

父尉が「あれはなぞの小冠者ぞや」と謡い、地謡が「釈迦牟尼仏の小冠者ぞや 生まれし所は忉利天(トウリテン)」と続けるなか、大鼓がアシライ、父尉は目付柱の方から大小前の方向へと向きを変えます。

父尉「育つ所は花が」と謡って立ち上がると、大鼓の前あたりに立っている延命冠者と、常座あたりで立ち上がった三番叟が父尉の方を向き、父尉に向き合う形になります。四日之式では千歳がワキ座に下がっていますので、翁と三番叟が向き合う形ですが、ここでは延命冠者がその間に入る形になります。

地謡「園ましまさば 疾くしてましませ父の尉 親子と共に連れて御祈祷申さん」の謡で、三番叟は後見座へと向かい、父尉と延命冠者が並んで立つ形になります。見所から見て右側の父尉の方がほんの少し前に出、左側の延命冠者が少しだけ下がった感じ。父尉の面紐は薄茶色、蒲色でしょうか。
二人連吟で「一天収まって日月の影明かし 雨潤し風穏やかに吹いて 時に随って干魃水損の恐れ更になし 人は家々に楽しみの声絶ゆる事なく 徳は四海に余り 喜びは日々に増し 上は五徳の歌を謡ひ舞ひ遊ぶ そよや喜びにまた喜びを重ぬれば 共に嬉しく」と謡います。
地謡の「物見ざりけり ありうとうとう」で父尉が前に出、延命冠者は地謡座の前に移って下居します。
ここまでが四日之式と異なるところで、その後は父尉が「そよや」と謡って翁之舞になります。舞自体は常の翁之舞と同じ形だったと思います。

舞い終えると父尉が「千秋万歳の 祝ひの舞なれば 一舞まはう万歳楽」と謡います。四日之式では「喜びの舞」と謡いますが、九つある翁の形の内、三日之式と四日之式は「喜びの舞」それ以外は「祝ひの舞」と謡います。どういうわけか理由は分かりませんが・・・

続いて地謡と父尉が「万歳楽」と繰り返し、地謡がさらに「万歳楽」と謡うと、父尉と延命冠者は面箱前に向かい、揃って座して面を外します。
翁が立って正先へと向かい、両手を突いて深く拝礼して立ち上がると、これに合わせて延命冠者も立ち上がり、翁還りとなります。
この後は四日之式と同じですが、もう少しだけ明日につづけます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2115-106acaae

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。