能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父尉延命冠者もう一日のつづき

父尉、延命冠者を勤め上げた銕之丞さんと淳夫さんが鼓に送られて退場すると、後見は面箱から黒式尉の面と鈴を出し、見所から見て左、笛座側の浅見真州さんが黒式尉の面、右、ワキ座側の永島忠侈さんが鈴を、それぞれ袖に隠します。

三番叟の石田さんが「おおさえおおさえ」と謡いつつ進み出て揉ノ段を舞います。
昨日も書いたとおり、三番叟は四日之式と異なることはありません。通常に揉ノ段を舞いますが、烏飛びのあたりで後見二人が立ち上がり、黒式尉の面は狂言後見に、鈴は面箱持にそれぞれ渡して退場します。

地謡もこれに合わせて立ち上がると切戸口から退場です。
翁付であればそのまま舞台に残るところですが、今回は翁のみの上演のためシテ方はここまでで全員が退場してしまう形。なんだかちょっと寂しい。

舞台では揉ノ段を舞上げた三番叟と面箱持の問答になり、常の形のごとく座敷に戻れの、先に舞えの、のやり取りから、面箱持が三番叟に鈴を渡して鈴ノ段になります。
石田さんの三番叟は初めて拝見しましたが、万作家らしい切れの良い舞です。
ゆったりとした舞出しから、徐々にテンポが上がり、最後は激しく舞い、笛のヒシギに小鼓が留ノ手を打って終曲となりました。

三番叟が面、鈴を面箱に戻し退場。面箱持、囃子方も退場し翁が終了しました。
囃子方が退場する最後の最後になって拍手が出ましたが、ここは拍手が無くても良かったのでは・・・などと。
銕仙会では常々囃子方が退場し始めるまで拍手が出ませんが、翁付であれば本来ここでは囃子方は退場しないわけですし、儀式的意味合いの強い「翁」ですので拍手はなくても良かったのでは、などと考えたところです。見所の気分でもあり、目くじら立てることではありませんが。

ところで先日ちょっとふれた「花もよ」、一昨年の第6号に山崎有一郞さんのインタビューが掲載されています。山崎さんも百歳を越えられたはずですが相変わらずお元気な様子。
さてそのインタビューの中に「昔は『能』という『舞』であった、今は『能』という『劇』になっちゃった」という一節があります。山崎さんがこの七、八十年舞台を観ているうちに能楽も変化してきていて、ドラマティックに演じられるようになり、わかりやすくなったという指摘です。
しかし、つまらなくなってしまったとも仰っています。この辺りは「花もよ」でお読み戴くのが一番で、変な引用をするともとの文脈と違ってしまいそうなのですが、私がこの舞台を観つつ、ふと山崎さんの言葉を思い出したのは、翁や多くの脇能は「ドラマティック」に演じようのないものだと、あらためて感じたからです。

これまでも「高砂などの神能が好きだ」と何度か書いていますが、特段のドラマ性が無い、舞を観て気分を感じるだけの能が、なぜか私は好きです。もちろんドラマティックなものが嫌いというわけではありませんが、妙に神能の持つ気分に引かれることがあります。翁はその最たるもの・・・とあらためて感じたところです。
(おおよそ60分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2116-1cdf2d6a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。