能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葛城 大和舞 清水寛二(銕仙会一月定期公演)

観世流 宝生能楽堂 2015.01.12
 シテ 清水寛二
  ワキ 宝生欣哉、ワキツレ 殿田謙吉 梅村昌功
  アイ 高野和憲
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 桜井均、笛 一噌仙幸

葛城(かづらき)、本ブログでは四度目の登場ですが、観世流の大和舞は初めてです。
「大和舞」の小書は観世、宝生、金春の三流にありますが、いずれも本来は序ノ舞を舞うところを神楽に替える小書です。また「神楽」の小書が宝生、金剛、喜多にみえますが、こちらも序ノ舞が神楽に替わり、さらに五段神楽にしたり、天地人の拍子を踏んだりなどの変化があるようです。
また観世流の大和舞では作り物が出されたり、装束も替えの装束となりますが、各流様々に小書があるのも、それだけ愛された曲ということかと想像します。

さて舞台には白の引廻しをかけ、蔦をからませた上に雪を載せた作り物の雪山が出されて、大小前に据えられます。これは大和舞の時のみ出されるもので、白の引廻しは滅多に見ませんが、まさに雪の葛城山が象徴されるような作り物です。

次第の囃子でワキ、ワキツレの登場。三人とも白大口に、黒か褐色かの水衣で山伏の姿ですが、三人ともに白大口に黒系の水衣というのも珍しい感じがします。雪山の風情が強調されるような感じがしました。
向かい合っての次第の後、ワキが羽黒山の山伏と名乗り、大峯葛城に参ろうと思う旨を述べて道行の謡。葛城山に着いたことが謡われて着きゼリフ。「あら笑止や」と雪が再び降り来たったことを述べ、木陰に寄ろうと一同ワキ座に向かいますが、ここでシテの呼び掛け。

山伏の一向に、何方へ行くのかと問いつつ前シテが姿を現します。面は若曲見だそうです。着付は白の摺箔と思いますが、薄い茶地の縫箔を腰巻にし、上から緑の水衣を着けています。右手に杖を突き、背には負い柴、雪を置いた女笠を被っての登場です。
ワキ一行は振り返り、ワキツレが下居するなか、ワキは彼方は誰かとシテに問い返します。

シテは幕から出て橋掛りを進みつつ、葛城山に住む女と名乗り、途中三ノ松あたりに立ち止まって、通い慣れた自分でさえ雪に家路もよく分からないほどなのに、旅人にこの雪はいたわしい。自分の庵で一夜を明かすようにと勧めます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2117-68089a4d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad