能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛城さらにつづき

シテ、ワキの問答で、岩橋を架けなかった咎で明王の策に縛られて苦しみが絶えないという、葛城の神の苦難が明らかにされます。
シテ自ら葛城の神であることを明かした形になりますが、この苦しみを加持してほしいと求めて神隠れに姿を隠してしまったと謡う地謡に合わせ、作り物に中入します。

代わってアイ山下に住む者が登場し、型通りにワキの山伏一行を認め、ワキの求めに従って岩橋の子細を語ります。間語りの要旨は、高林白牛口二さんがなさったときの鑑賞記(鑑賞記初日月リンク)に、やや詳しく書いておきましたのでこちらをご参照頂ければと思います。

さて間語りを終えてアイが狂言座に下がると、ワキ・ワキツレが立ち上がって舞台中央で向き合い待謡。「夜の行い声澄みて」まで一同で謡い、ワキツレが着座する一方、ワキは向き合った形からやや中正面側に向きを変え、合掌してワキ一人で「一心敬礼」と祈りを捧げる形です。

葛城では通常は作り物が出ないので、待謡の後は出端が奏されて、異界から後シテ葛城明神が訪れる形になります。しかし今回は作り物が出されてシテがその中に入っていますので、待謡からアシライの後、作り物の内からシテが謡い出す形でした。
「法性真如の宝の山に」で引廻しに手がかけられて「法味に引かれて」と引廻しが下ろされ、後シテが姿を現します。
深緑の色大口に、少しだけ赤みの入った薄い黄色の長絹、天冠には緑と赤の蔦の葉を絡ませた姿です。下ろした引廻しを直ぐに引かず「よくよく勤めおわしませ」まで地謡が謡ってから、すっと片付けたのが良い感じでした。

ワキは「不思議やな峨々たる山の常陰より 女体の神とおぼしくて・・・」と謡い出し、蔦葛に纏わりつかれた女神が姿を現したことを謡います。
この続きもう少し長くなりそうなので、今日はここまでとさせていただき、もう一日、明日につづけます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2119-4b0e45f7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。