FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葛城もう一日のつづき

ワキの謡に、シテは「これ見給えや明王の 策はかかる身を縛めて」と我が身を示し、シテ、ワキの掛け合いから地謡。「葛城山の岩橋の」でシテはやや面を上げ、目付柱の先をみやる形から、直して「見苦しき顔ばせの」とワキを向き、「よしや吉野の山葛」で立ち上がると「かけて通えや岩橋の」で作り物を出ます。

「神楽歌始めて」と五足ほど出て「大和舞いざや奏でん」で左の袖を返し足拍子一つ。
「降る雪の 楚樹木綿花の 白和幣」と謡って常座に寄り、扇を幣を付けた榊に持ち替えて舞に入りました。
で、ここでいささか驚いた訳です。
大和舞の小書は、常の序ノ舞に替えて神楽を舞うのが、各流とも基本的な形です。当然ながらここで神楽と思っていたのですが、仙幸さんの笛はどう聞いても序ノ舞の譜。
しかしシテは榊の幣を持って正先に出ると下居して幣を振る形。これでは序ノ舞の型ではありません。ここから舞い始めて舞台を廻りゆったりとした舞の型を見せますが、段で正先に下居し、幣を振って答拝した後、立ち上がると右に回り、常座から何足か出て下がるとまもなく舞上げとなりました。
メモが粗っぽいので、もう少し様々な所作があったようには思うのですが、ともかくも短い特殊な序ノ舞が舞われた感じです。

後刻調べてみると、観世の大和舞では神楽を舞うのが普通としながらも、イロエにしたり今回のような短い特殊な序ノ舞にする演出もあるようで、私が知らなかったと、それだけのことのようです。ですが、この舞はなかなかに良かった。
いつぞや喜多の粟谷能夫さんが三輪に岩戸之舞の小書を付けて演じられたときに、この小書をめぐって明生さんと対談された中で「観世流には『葛城』に「大和舞」という素晴らしい小書があり憧れてしまう」旨を述べておられます。この憧れてしまう舞は、神楽ではなく今回の特殊な序ノ舞なのではないか・・・などと想像を膨らませたところです。

続く地謡が「高天の原の岩戸の舞」と謡いますが、大和舞の始めとなった舞は、かくあるかというような、榊を振り答拝をしながら舞に繋げていく独特の展開でした。この地謡の最初でシテは榊の幣を落とし、扇に持ち替えると角に出て「天の香久山も」とやや上を見回し、サシて右から廻って「いずれも白妙の」と常座へ。
ワキに向くと正中に進みますが、「面なや面はゆや」と左の手を上げつつ退き、常座から橋掛りへと向かいます。「あさまにもなりぬべし」で一ノ松、左の袖を返してワキの方を向き、直すと「明けぬ先にと葛城の」とゆっくり橋掛りを進みます。
ワキが進み出ますが、シテはそのまま橋掛りを歩み、一度目の「岩戸にぞ入り給う」で幕に入り、舞台に残ったワキが合掌して留となりました。
古き時代の神、その舞はかくあったのかと思わせるような、一曲でした。
(84分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2120-772f17c2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。