能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

恋重荷 山本順之(銕仙会一月定期公演)

観世流 宝生能楽堂 2015.01.12
 シテ 山本順之
  ツレ 西村高夫
  ワキ 殿田謙吉、アイ 深田博治
   大鼓 國川純、小鼓 曾和正和
   太鼓 観世元伯、笛 杉信太朗

恋重荷はこのブログでは三度目。金春流櫻間金記さんの演能(鑑賞記初日月リンク)と、観世流小早川修さんの演能(鑑賞記初日月リンク)の記録を載せています。
小早川さんの演能は代々木果迢会の別会でしたが、小早川さんご自身、銕仙会の同人ですし基本的には同じ形ということになります。しかし、なんだか異なった印象を受けたのですが・・・もっとも小早川さんの演能を観てから5年も経っていますので、いささか怪しいところです。

さて舞台にはまず重荷が出されます。後見の銕之丞さんが朱地の金襴に紺の縄をかけた重荷を持って出、正先に置いて下がります。
すると出し置きの形で、ツレ、ワキ、アイが登場してきます。ツレは緋大口に唐織を打掛にし、天冠を着けています。舞台に進みワキ座で床几に腰を下ろします。
ワキは一度後見座に控え、あらためて進み出て常座に立ち名乗りとなります。
・・・これは今回の演出なのか、小早川さんの時はツレのみが出し置きの形で出てワキ座で床几にかかり、ワキは名宣笛で登場したと記録しています。ワキは工藤和哉さんで、同じ下掛宝生。・・・記録の間違いではないと思うのですが・・・
ともかくも、今回は名宣笛はありませんでした。

ワキは、女御に恋をしてしまった山科の荘司を呼び出し子細を尋ねよう、と言って正中に進みつつ「誰かある」と声をかけます。アイがこれを受けて常座に出て承り、橋掛りに進んで一ノ松から荘司を呼び出します。

前シテは木賊尉の面だそうですが、無地熨斗目着流しに水衣を着け、アイの呼び掛けにこたえて少しずつ進み出ます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2122-2e562fb9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad