能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

恋重荷のつづき

アイが、急いで来るようにとのワキ臣下の詞を伝え、シテはアイに従って舞台へと進み出ます。

ワキは白大口に緑の狩衣、風折烏帽子を着けた廷臣の形で、シテとの問答。荘司が女御に恋したことは既に人の知るところとなったことを告げ、重荷を持って庭を廻る間に女御が姿を見せようと仰った旨を語ります。
ワキは「此方へ来たり候へ」とシテを促し、シテは立ち上がると二、三足出て重荷を見込みます。

ワキが、なんとも美しい荷ではないかとシテに言い、シテも同意して地次第。「重荷なりとも逢ふまでの 重荷なりとも逢ふまでの 恋の持夫になろうよ」が謡われて、地取りから物着アシライ。水衣を肩上げにします。

シテ「誰踏み初めて恋の道」と謡い、地「巷に人の迷ふらん」でシテは二足ほど下がって面を伏せ、「名も理や恋の重荷」と謡いつつ重荷を見込んで寄ります。地「げに持ちかねるこの身かな」で左手、右手と荷に掛けて持ち上げようとしますが、上げることが出来ずに手を放し、片シオリ。サシの謡につづきます。
シテのサシを地謡が受けて謡い「由なく物を思ふかな」の謡に、シテはゆっくりと片シオリ。立ち上がって常座に向かいロンギとなります。

地謡を聞きつつ常座で正面に向き直るとシテの謡。「立つ矢のあるぞかし」とゆっくり重荷を見「いかにも軽く持たうよ」と左右、二足ツメます。
さらに地謡、シテと掛け合いの謡が進み、地の「由なき恋を菅筵」でシテは三足ほど出て下居。「苦しや独り寝の」と重荷を見込んで立ち上がり「我が手枕の肩替へて」と重荷によって手を掛けますが「もてども 持たれぬ・・・」と持ち上げることが出来ず「・・・そも恋は何の重荷ぞ」と両手を打ち安座します。
シテの謡「あはれてふ 言だになくは何をさて」と謡いつつモロシオリ。地謡の「報はゞそれぞ人心」で立ち上がると正中に出てシテ柱を見込み「乱れ恋になして思ひ知らせ申さん」と二、三足グッとツメて思いを込め、中入となりました。

このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2123-7deee5e6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad