能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋重荷さらにつづき

中入でアイが進み出、荘司が重荷を持とうして持ち上げることが出来ず、憤死したことを述べて、臣下にこれを報告しようと言ってワキに寄ります。

アイの報告を聞いてワキの長い語り。荘司の恋心を止めようという方便で、重荷を作って綾羅錦繍で美しく包み、いかにも軽く見せて荘司に持たせた。恋が叶わぬから持てないのだと悟らせ、恋を思いとどまらせようとしたのだが、憤死してしまったとは、いかにも不憫なことだと述べます。
前々から思うのですが、この辺りの理屈は、なんだか分かったような分からないような、今ひとつ腑に落ちない感じがしてなりません。この曲の解釈も分かれるところですが、まあ現代人とは違った価値観の時代を背景として生まれてきた曲なので、理屈が通る、通らないという問題ではないのかもしれません。

ともかくもワキは笛座前で、重荷の方を向きつつ、荘司の死を不憫と言い、この由を女御に申し上げようと言って立ち上がります。
正中に進むと両手を突いて女御に向かい、いかに申し上げ候と、荘司の死を奏上します。さらに身分低い者の一念は恐ろしいので、そっと御出あって荘司の姿を一目見られるようにと勧めます。

ツレは立ち上がって地謡座前から重荷を見込んで下居。ワキも常座辺りに下居し、ツレが「恋よ恋 我が中空になすな恋・・・」と謡い出しシオリます。(「中空になくな恋」と謡ったように聞きましたが・・・)
ワキはツレを向いて両手を突き、立つようにと促しますが、ツレは盤石に押されて立ち上がることが出来ないと謡います。
地謡がこれを受けて「報は常の世の習ひ」と謡いワキが立って笛座前に着座します。

ツレの謡の終わりから太鼓が打ち出され、何者かが現れる気配が感じられるところ。出端が奏されて後シテの出となります。
出端はかなり重い位で、荘司の恨みの深さを示すような感じです。白頭に鼻瘤悪尉の面をかけ、金の袷法被、紫地に金で水文様の半切、右手に鹿背杖を持ったシテが姿を現します。
さてこのつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2124-68c74586

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。