能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの金春会

昨日は久しぶりに金春会を観に行ってきました。
あいにくの天気ではありましたが、なんだか落ち着いた雰囲気で能を楽しむことが出来たように思います。

番組は能が三番。
井上貴覚さんシテの箙、本田光洋さんのシテで小塩、そして高橋忍さんのシテで小鍛冶、これは白頭の小書付です。
狂言は三宅右近さんのシテで呂蓮。
国立能楽堂は正面はほぼ満席になりましたが、脇正面、中正面はまばらな感じで、いつもながらもったいないなあと思いました。金春会もなかなか良い雰囲気なのですが・・・

それにつけても金春の謡、ホントに独特な雰囲気だなと、あらためて思ったところ。
同じ音階を使っているとは思えない不思議な印象です。
鑑賞記は明日から、少しずつ書いてみようと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2126-eb6b3242

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。