能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箙さらにつづき

クリ、サシ、クセと続いた謡を受けてロンギ。
夕映えの梅、暮時近く、一夜の宿を貸して欲しいという謡に、シテは我は花の主、花のもとに下臥しして待つようにと謡います。
花の主とは如何なる人かと問う謡に、シテは景季の幽霊であると明かし、地謡の「御身他生の縁ありて」で立ち上がるとワキに向いて開キ、正に直すと「鶯宿梅の木のもとに」と目付柱の方にシカケ開キ、大小前から常座へと向かい中入となります。

シテが中入するとアイ生田の里の者が進み出て、型通りにワキ僧の一行を認め、問答となります。ワキの求めに従ってアイは箙の梅の話を語ることになり、正中で居語り。高澤さんのカッチリとした語りですが、大意を書き記してみますと

平家は度々の合戦に勝ち、都合十万余騎の勢力となって一ノ谷に布陣していた。生田の森はその大手であるが、源氏方の梶原平三景時と源太景季は手勢五百騎で一の木戸を切って落とし手柄を立てて陣をひいた。
二月上旬のこととて、ちょうどこの梅の木が美しく咲き乱れていたが、源太は何を思ったか、その一枝を折って箙に挿し、敵の中に分け入って戦った。
景時は景季の姿が見えないのに気付き、どうしたのかと問いかけたが、敵の中に取り籠められてしまったとの報告があった。景時は、源太が討たれてしまっては、自分が生きていて何になろうと言って百騎ほどを引き連れ、再び平家の軍勢に駆け入り鎌倉の権五郎平景政の末裔、梶原平三景時と名乗って散々に斬りかかった。
その頃源太は、菊池三郎高望と闘い、この首を取って太刀先に刺し貫き、戻ってきたところで父景時と再会した。こうして多くの手柄を立てて本陣に戻ったが、この出来事を梶原の二度駆けと伝えている。
また源太はこの梅のもとで八幡大菩薩の御計らいに感謝し、名木と名付け、箙の梅と呼んだのであった。

と云った内容を語ります。後日触れようと思っていますが、この話は源平盛衰記の記述ほぼそのままの内容です。

語り終えたアイはワキに向かい、さてどうしてこんなことを尋ねるのかと問いますが、ワキがこれに答えて最前の男の話をします。後は型通り、アイが景季の霊を弔うようにとワキに勧めて退場します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2129-84be7f02

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。