能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箙またつづき

アイが下がると、ワキが着座のまま待謡。
「花の木陰に臥しにけり」と、梅花の元でシテの訪れを待つことを謡い、一声の囃子。後シテの登場です。
後シテは平太の面をかけ、金と緑の半切に、紫と金地の法被を肩脱ぎにし、梨打ち烏帽子、背に梅の枝を挿した若武者の姿で登場してきます。

「魂は陽に帰り魄は陰に残る。執心去来の修羅の妄執」と謡い出します。修羅の妄執、苦しみが謡い出され、地謡が「修羅道の苦しみ御覧ぜよ」と謡うに合わせて常座で小廻り開キ、ワキの謡となります。

ワキは、現れ出でた若武者が胡籙(ヤナグイ)に梅花の枝を挿した様を謡い、如何なる人かと問いかけます。
シテは源太景季であると名乗り、仏の教えに導かれようと、魄霊が魂にうつって現れ出でたのだと謡います。そしてここでカケリ。
目付に出て角トリ、ワキ座の方へ廻って、大小前へと小廻りして舞台を一廻りし開キ。さらに六拍子踏んで正先にシカケ開キ、目付へと進みます。扇を広げつつ大小前に小廻りして・・・と型が進みシテの謡。地謡と続き、修羅道の様が景季の霊の現前に現れ、剣が雨と降りかかり、山里海川ことごとく修羅道の巷と現じます。
「山里海川も 皆修羅道の巷となりぬ こはいかにあさましや」とたたみかけるような修羅ノリの謡に、シテは手を打合せ大小前に下居します。

シテの謡「暫く心を静めて見れば」から、舞台はそのまま古の生田の戦場になり、地謡によって箙に梅を挿した若武者景季の様が謡われます。この部分、仕舞では好んで舞われるところです。「箙の花も源太も我さきかけん さきかけんとの 心の花も梅も散りかかって面白や」という絵に描いたような場面が目に浮かぶところですが、この後、もう少し書きたいこともあり、明日につづけます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2131-5135bf9b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。