能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワキ方の活躍する能を観に行く

本日は神遊の第49回公演を観に国立能楽堂まで行ってきました。
今回の公演は「ワキ方が活躍する能」と銘打って、能が二番、張良と谷行。狂言は寝音曲ですが、さらにこのほかにワキ方の独吟、一調、仕舞という構成。意欲的な番組です。

張良はワキ森常太郎さんの披きで、シテは観世喜之さん。谷行のワキ帥阿闍梨は森常好さんですが、こちらはもともと観世流にはない役行者が出る形で、シテを観世喜正さん、両シテの役行者を梅若玄祥さんが勤めるという豪華な顔ぶれです。張良は何度か観ておりますが(ブログには一度だけ鑑賞記を書いています)、谷行は初見です。

萬斎さんの寝音曲も楽しかったのですが、宝生欣哉さんの藤戸の独吟、福王和幸さんが謡い観世元伯さんの太鼓で一調、そして宝生閑さんの雲雀山の仕舞と、こちらはさすがにかつて観たことがありませんでした。

単に珍しいものを観た・・・というだけではなく、それぞれに満足感ある上演でした。
さすがに国立能楽堂も満席。

いずれメモを整理して観能記にまとまようと思っています
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2137-115be74b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。