能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小塩もう一日のつづき

一声の囃子。後見によって車が出され常座に据えられます。花が付けられた車で舞台が華やかになった印象です。
後シテは指貫込大口に白の狩衣。巻嬰の冠に老懸を付けての登場です。橋掛りを進み舞台へと出、車に乗り込んだ形で一セイ。「月やあらぬ」と謡い出します。

シテ、ワキの掛け合いで、花見車が現れたことが謡われて地謡。「今日来ずは 明日は雪とぞ降りなまし」と謡を聞いて「消えずはありと」で車を出て前に進みます。
舞台を小さく廻って車の横、正中側に正面向いて立ち、「かざしの袖ふれて」と右袖を上げ、ゆっくり下ろすと「くるゝより月の花よ待たうよ」と佇む形になります。

クリの謡で大小前に進むと後見が車を下げ、シテのサシ。地謡が受けて「心の色はおのづから」と両手を上げて扇広げ、打ち込んでユウケン。扇を閉じるとクセの謡となります。クセは舞グセ。
「陸奥のしのぶもぢずり誰故乱れんと思ふ」の謡に、やや右を向いて直し二、三足出るとノリ込んで足拍子。打込開いて左右。また舞台を廻って大小前から、指シマワシてヒラキ左右、扇開いて打込、上げ端で上羽して大左右と型が続きます。
扇かざして舞台を廻り、大小前で左右打ち込むと太鼓が打ち出し、「昔男ぞと人もいふ 昔かな」の謡に扇を閉じて一度後ろを向き、あらためて正面に直して序ノ舞となりました。

気品ある序ノ舞の後はシテのワカ。地謡「ありし御幸を」に常座で打込ヒラキ。シテ、地謡の掛け合いに指シ開キして左袖を返し「山風吹き乱れ」と正中へ。
袖を直すと扇を持つ手を上げて角へ。さらに正中へと戻ると「木のもとながら まどろめば」と左袖巻き上げて下居。「桜に結べる」と袖を直して立ち上がると舞台を廻り、角で扇をカザして左に回り常座へ。「曙の花にや 残るらん」とシテ柱の方を向き留拍子を踏んで終曲となりました。

太鼓入り序ノ舞物でもあり、解説書などでは三番目物としている一曲。観世喜正さんの観能記を書いた際も三番目物として記述しましたが、この辺りは様々に解釈されるところで、観世流では四番目物と扱うのが現行のようです。五番目とする考え方もあり、金春流で五番目物としている記述も見かけますが、あまり目くじら立てる話でもないようで、要は楽しめればそれで良い・・・と、そんなところの様子です。
(92分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2141-0f24df22

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。