能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鍛治 白頭 高橋忍(金春会定期能)

金春流 国立能楽堂 2015.03.08
 シテ 高橋忍
  ワキ 野口能弘、アイ 金田弘明
   大鼓 高野彰、小鼓 住駒充彦
   太鼓 吉谷潔、笛 松田弘之

小鍛冶はこれまで、金剛流山田夏樹さん(鑑賞記初日月リンク)、宝生流佐野弘宜さん(鑑賞記初日月リンク)、お若いシテ二人の演能と、観世流観世銕之丞さんの黒頭別習の小書付(鑑賞記初日月リンク)、都合三度ほどブログに取り上げてきました。
今回は金春流、白頭の小書付です。この曲、小書も多々あり、白頭の小書は五流すべてにあります。それだけ好まれた曲なのでしょう。小書無しの場合、各流の流儀による違いはあまり感じませんが、白頭の小書ではそれぞれに工夫がある様子です。

舞台にはまずワキツレ橘道成の野口琢弘さんが登場してきます。白大口に紺地の袷狩衣、洞烏帽子を着けた大臣姿で登場し、常座へと進んで名乗ります。
名乗りの後、三条の小鍛冶宗近の私邸へ急ぐと言って橋掛りに入り、一ノ松から幕に呼び掛けます。

答えてワキの出。白大口、掛直垂に士烏帽子を着けたワキ宗近の野口能弘さんが登場し、勅使と聞いて幕前に着座し両手突いて畏まります。
実はワキの装束、掛直垂をこれまで掛素袍と書いていたような気がして確認をしてみたところ、これまでの小鍛冶の鑑賞記、どれも素袍と書いてありました。まあ形から見ただけでは区別つきませんし、仕方なかったかとも思うのですが、士烏帽子を着けているので、これは直垂ですね。という訳で、これまでの鑑賞記も直しておきました。

ともかくも、ワキツレ勅使とワキ三条小鍛冶宗近の問答になりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2142-3c3d8727

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。