能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鍛冶のつづき

さてワキ、ワキツレの問答から、宗近が剣を打つことをやむなく引受け、地謡でで両者が立ち上がると、ワキツレはワキ座に進んで着座。ワキは幕前からゆっくりと橋掛りを歩んで、地謡いっぱいに常座まで出ます。宗近が断ることも出来ず、進退窮まりつつ歩みを進める雰囲気です。

常座に進み出たワキは、稲荷明神に祈誓しようと言って地謡座の方へ向かい歩み出すとシテの呼び掛けになります。

ワキが正中あたりに至ったところでシテの呼び掛け。
ワキが不思議がると前シテが幕から姿を現してきます。黒頭の童子姿。箔を腰巻にし鶯色の水衣を纏って、ゆっくりと歩みつつワキとの問答をつづけます。

「げにげにそれはさる事なれども。われのみ知ればよそ人までも」でシテは常座に出、ワキ「天に声あり」、シテは「地に響く」と受けてワキに二足ツメます。地謡の上歌となり、シテは正に直し、ワキがワキ座に着座。
シテは「隠れはあらじ殊になほ」で三足ほど出、下がってワキに向くと「唯頼めこの君の」で四足ほどツメ、さらにワキに寄ってから大鼓前あたりまで戻り、上歌の終わり「などかは適はざるべき」でワキに向いて下居します。
下居のまま正に直しクリ。

シテと地謡の掛け合いで剣の威徳が謡われてクセに。
クセの前半は居グセの態で、本朝の大和武尊の東征の話が謡われ、シテはジッと謡を聞く形ですが「四方の紅葉も冬枯れの。遠山に見ゆる初雪を」あたりで、目付柱の方に面を向け、遠く山の雪をみやる風。
面を正面に直して「夷四方を囲みつゝ」と謡い、地謡を聞いて「尊剣を抜いて」と謡いつつ、腰浮かせ扇を剣の形にとり立ち上がります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2143-38d7bffd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。