能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小鍛冶またつづき

立ち上がったシテは指シヒラキ。「忽ちに」と数拍子踏んで「四方の草を。薙ぎ払へば」と扇で薙ぎ払う所作を見せます。
正先へ出ると「炎も草も」と下居。「天にかゝやき」で立ち上がり常座へと向かいます。「数万騎の夷どもは」とシテ柱向いて開キ。
「その後。四海治まりて」で正に向き直り、目付へと出て角トリ。左へ廻って地ノ頭から常座へと戻って「瑞相の御剣も」と開キ。「伝ふる家の宗近よ」とワキに向き指シ、開いて「下向し給へ」と下居しワキに向き合っておさめます。

ワキはシテに如何なる人かと問いかけますが、シテは答えず、誰であろうと唯頼め、御剣を打つ壇を飾って待つようにと謡い「我を待ち給はゞ」と腰を浮かせイロ。
地謡で立ち上がると、正面を向いて指シヒラキ。「御力を。つけ申すべし」と左袖上げてワキに寄り、常座へススッと進むと一度正面を向き、「行方も知らず失せにけり」とあらためて来序で中入となりました。ワキもこれに続いて中入です。

来序から囃子が狂言来序になり、末社出立のアイ金田弘明さんが登場してきます。
常座に出て立ちシャベリ。
稲荷大明神に仕える末社と名乗り、前場をおさらいする形で語ります。
一条院が霊夢を蒙り、三条の小鍛冶宗近に剣を打たせれば、ますます天下安穏であろうとのお告げに、宣旨を以て宗近に剣を打つよう命じた。宗近は相鎚を打つものがいないので辞退しようとしたが、結局は承ることにした。
と経緯を纏めた後、草薙剣のいわれに移ります。
叢雲剣を日本武尊が賜って夷を平らげていったが、駿河国の敵達が集まって尊の命を取ろうと謀をめぐらした。この地は鹿が多いので鹿狩りをしてはどうかと持ちかけ、尊が鹿狩りを始めると、野に火を放って命を取ろうとした。しかし尊は剣をもって草を薙ぎ払い、返って火の勢いを夷に向かわせ、討ち滅ぼした。それより天下治まり、今に至っても草薙の御剣と申し伝えるのは、この剣のことである。と語り、急ぎ壇を飾って剣を打つ用意をするようにと触れて退場します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2144-eea4ea1c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad