FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

生田敦盛 山内崇生(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2006.10.14
 シテ 山内崇生、子方 近藤颯一郎
  ワキ 安田登
   大鼓 安福光雄、小鼓 幸正昭
   笛 藤田朝太郎


修羅物なんですが、この曲は子方が出たりでちょっと雰囲気が違います。
金春禅鳳の作と言われていますが、なるほど子方を重視するというところは禅鳳らしい作品ということなのでしょうね。


敦盛を主人公にした能といえば、まずは「敦盛」がありますが、子方を出すことで全く違った面を表現した感じです。
喜多流以外の四流で現行曲としているようですが、金春流だと生田ですね。


さて、囃子方、地謡が着座すると、後見が紫の引廻しをかけた藁屋を持ち出してきます。シテが中に入っているわけですが、この藁屋が大小前に据えられます。
すると静かに、子方とワキが登場してきます。
囃子なしに登場してくるというのは、実は案外難しいのではないかなあ、と思っています。咸陽宮のアイもそうですが、なんにも音のない中で静かに登場するのは、逆に気が張っていないと格好が付かない感じがします。


子方、近藤颯一郎さんは近藤乾之助さんのお孫さんだそうですが、おいくつなのかなあ。随分と背丈が高いのですが・・・中学生になり立てくらいですかね。
角帽子の出家姿です。観世の装束附けでは襟が浅黄になっていますが、襟は赤で子供らしさを表現しているのかもしれません。


ワキの従者は安田登さん。
最近NHK出版の生活人新書シリーズで「ワキから見る能世界」という本を上梓されました。
さっそく買い求めて読んでいますが、なかなか面白い本です。
安田さんご自身については、また機会を見てどこかで書いてみたいと思っています。


さてこの子と従者を待ち受けているものは・・・明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/215-79baf846

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。