能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求塚のつづき

一声の囃子。ツレ二人が先に立ち、前シテの出となります。前シテの面は孫一だそうですが、シテ、ツレともに朱の箔を腰巻に白の水衣、左手に籠を持ち、一ノ松から二ノ松にかけてツレ二人とシテが並ぶ形、ツレ二人がシテの方に向き直って一セイの謡。
若菜摘みの情景が舞台に拡がります。

サシ、下歌、上歌と続き、上歌の中頃「嵐吹く森の木陰」あたりでツレが向きを換えて橋掛りを進み、ツレが笛座前まで、シテは常座を過ぎ塚の横に立ちました。

ワキが声をかけ、この辺りを生田というのかと問います。シテ、ツレが生田の森であることを謡い、ワキは求塚はどこにあるのかと重ねて問います。
しかしツレは、求塚と聞いたことはあるが一体どこのことなのか知らないと謡い、シテも若菜摘む時につまらぬ事を問わぬようにとつづけます。

ツレが、急ぎの旅の様子なのに休んでいて良いのかと謡いかけ、シテ「されば古き歌にも」と謡って地謡の上歌。「旅人の 道さまたげに摘むものは」と謡い出し、何やら問いかけ給うようだが、まずは若菜を摘もうよと納めます。

この部分、もともとこの曲を演じてきた宝生流や喜多流の本を見ると、シテの謡「されば古き歌にも」をシテ、ツレ同吟で謡い、その後を、宝生流では地謡が下歌「旅人の道さまたげに摘む物は 生田の小野の若菜なりよしなや何を問い給う」と謡って上歌に。「春日野の 飛ぶ火の野守出でてみよ」と続きます。喜多流ではシテ、ツレ同吟の後「旅人の道さまたげに摘む物は」までをシテが謡い、その後は地謡が続ける形ですが、詞章は同文です。
「旅人の」から「何を問い給う」まで謡い、その後、上音に移って「春日野の 飛ぶ火の野守出でてみよ 飛ぶ火の野守出でてみよ 若菜つまん程あらじ 其の如く旅人も 急がせ給う都を今幾日ありて御覧ぜん 君がため春の野に出でて若菜摘む 衣手寒し消え残る 雪ながら摘もうよ 淡雪ながら摘もうよ 沢辺なるひこりは薄く残れども 水の深芹かき分けて青緑色ながらいざや摘もうよ 色ながらいざや摘もうよ」となっています。
これを観世流では「旅人の」から上歌、上音で謡い出し、「春日野の」から「淡雪ながら摘もうよ」までを飛ばして「沢辺なる」へ続け「いざや摘もうよ」と謡う形にしてあります。
復曲の際に直したのか、この部分が違う形で伝わっていたのか、いずれか分かりませんが、「春日野の」の部分は古今の有名な歌を採っており、あればあったなりに面白いのですが、なければないなりに詞章が凝縮されて趣も良いように感じます。考え方の分かれるところかも知れません。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2152-111535bc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。