能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

求塚さらにつづき

ロンギとなり、地謡、シテの掛け合い。シテは「若紫の菜や摘みし」と謡って三足ほど出、地謡が続けて「げにや緑の色に染む」と謡う中を角に出ます。ここも宝生流、喜多流ではもう少し詞章が長く、シテ、地謡がさらに謡いあって、シテの「長安のなづな」の謡になるのですが、いささか詞章が省略されています。

シテは「長安のなづな」と謡って角トリ、続く地謡でワキ座方へ回り、地ノ頭から塚の前へと進み、面を使ったりしつつ「何れを春とは白波の」で常座からワキ正へと出ます。ここでツレも出、「吹かるる袂もなお寒し」あたりでシテはワキ正からワキ座前へと舞台を廻り、ツレは橋掛りへと進んで退場していきます。「若菜摘み残し帰らん」と地謡が納め、シテは常座で正面向いて立ちます。

ワキがここで声をかけます。若菜摘む女達は皆帰ってしまったのに、どうして一人残ったのかと問いかけるわけです。
ここからシテ、ワキの問答となり、シテは正中、ややシテ柱に近い方に出て下居、ワキに向いて問答の後、ワキの求めに従って正面に直して求塚、菟名日少女(ウナイオトメ)の物語を語ります。

古、この辺りに菟名日少女という女がいた。その頃、小竹田男子(オサダオノコ)と血沼の丈夫(チヌノマスラオ)という男が、二人とも菟名日少女に心を寄せ、同じ日の同じ時に手紙を送った。少女はいずれかに靡いては恨みになろうと、どちらにも靡かなかったが、その後、二人が生田川の鴛鴦を射ることになった。二人の矢が同時に一つの翼に当たった。とそこまで語ると、目付柱の方にやや面を流す形にしていたところから、正面に面を直し「その時わらは思ふよう」と一人称で語り出して謡になります。

自分のために水鳥までもが命を落とす羽目になったことを憐れみ、我が身を捨てようと謡って地謡。少女が生田川に身を投げた子細が謡われますが、シテは「この川波に沈みしを」で腰を浮かせ、目付柱を見込んで立ち上がると「この塚の土中に籠めて」とシテ柱方向きを換え、戻して正に向き「二人の男はこの塚に」とワキ、塚と見て正に直します。
「さし違えて空しくなれば」と一足出して下げ、左手を胸にあて思いを深め、直してワキを向くと「科に生る身を済け給え」と四足ほどツメます。さらに「塚の内に入りにけり」と一度塚の脇に立ち、あらためて塚へ中入りしました。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2153-5f8f946f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad