能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求塚さらにさらにつづき

シテの中入でアイが出て常座で名乗り、目付に出てワキをみとめて声をかけ、型通りの問答の後、正中にてウナイオトメの物語を居語りします。

実はこの間語り、山本東次郎家には長いバージョンがあって、ササダとチヌが差し違えて亡くなり、二人を塚に突き込めた後、死後もチヌはササダオノコに苦しめられていると続くのだそうです。血の付いた刀を残してチヌノマスラオの幽霊が姿を消したという話が出てくるとのこと。

以前の浅見さんの上演の時も、また今回も、間語りは山本東次郎さんだったのですが、さて浅見さんの時はどうだったか。
今回は、そうした長い間語りではなく、他家と同じように、シテの語りをほぼそのままに繰り返す形の間語りでした。とは言え、ウナイオトメが「すみわびぬ わが身投げてむ 津の国の 生田の川は 名のみなりけり」と大和物語にある歌を引きつつ語る間語りは、なかなかに趣き深いものです。
菟原処女の伝説は、古くから伝えられてきたものらしく、既に万葉集にも、高橋虫麻呂や大伴家持など複数の歌人により、この伝説を詠んだ歌が収録されています。芦屋の辺りのことだったようですが、大和物語では生田とされ、様々な脚色がされました。謡曲は概ねこの大和物語に依っているようです。

さてアイが下がるとワキ、ワキツレの待謡。「一夜臥す男鹿の角の塚の草」と繰り返して謡ううちに太鼓が入り、ワキは立ち上がると二、三足出て下居。「とむらう法の声立てて」と塚に向かって合掌。「南無幽霊成等正覚 出離生死頓証菩提」と経文を唱える態です。
出端を聞いて塚の中から後シテの謡い出しです。死して後も安らぎは訪れぬ様を謡います。地謡が「あら閻浮恋しや」と謡って上歌。「苦しみは身を焼く」で引廻しが下ろされて床几に腰を下ろした後シテが姿を現します。浅葱の色大口に白練を壺折にした姿で「火宅の住処御覧ぜよ」とワキに訴えかけるような態です。
さてこのつづきはもう一日、明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2154-4d9c066a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。