能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張良 観世喜之(神遊第49回公演)

観世流 国立能楽堂 2015.03.22
 シテ 観世喜之、ツレ 川口晃平
  ワキ 森常太郎、アイ 高野和憲
   大鼓 柿原弘和、小鼓 観世新九郎
   太鼓 観世元伯、笛 一噌隆之

張良は9年近く前にブログで取り上げています。このブログを始めた最初の頃です。(鑑賞記初日月リンク
ワキ方の活躍する能としては、この張良や谷行、檀風などがありますが、いずれも上演の少ない部類の曲です。
その中ではこの張良は割合演じられる機会がある様子で、私も何度か観ています。今回はワキ森常太郎さんの披きということで、緊張感ある舞台でした。

まずは名宣笛でワキの出。「お幕」の声が聞こえ、一呼吸置いて笛の吹き出し。白大口に朱と緑の厚板に紺地の側次を着けたワキ張良が橋掛りを進み、正中に出て名乗りとなりました。
漢の高祖の臣下張良と名乗り、不思議な夢を見た話を語ります。以前の鑑賞記にも書きましたが、下邳(カヒ:ヒは機種依存文字)の土橋で馬に乗った老人と出会ったが、老人は左の沓を落として履かせよと言った。何者かと思ったものの、老人がただならぬ気配でもあり、また老いたる人を尊ぶのも大事なことと、沓を取って履かせた。老人は張良に御前は「誠の志ある」があるので、五日後に兵法の大事を伝えようと約束し、夢が覚めたという話です。

語り終えると道行の謡。型通りに謡いますが、この途中で幕が上がり、小格子厚板に水衣を羽織り、唐帽子を着けた老人姿の前シテが姿を現して幕前に立ちます。
ワキが、土橋に着いたと道行を謡い終えると、シテが声をかけます。このところ、シテの喜之さん、お声がかすれがちになってきましたが、にもかかわらず不思議に良く通ります。張良を遅いと叱責すると、ワキはワキ座で片膝を突いて下居。シテは、先刻よりやって来て暁の鐘を数えて待っていたのだが、はや時も過ぎてしまった、と謡い、地謡に。
地謡が「待つかいもなしはや帰れ」と一句謡うと歩み出し「五日に当たらんその日夜深く」あたりで一ノ松、ワキを見込んで立ちます。
「後れ給うな張良と」と左袖を上げ、小さく廻ってすたすたという感じで三ノ松。「かき消すように失せにけり」とヒラキのように両手広げて直し、中入となりました。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2156-793f8a50

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。