能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張良さらにつづき

アイが幕に入ると後見が一畳台を持ち出し、大小前に据えて下がります。
一声の囃子で後ワキの出。朱地の厚板に緑地の半切、唐冠を着けて登場し、一ノ松で開キ、半身のまま謡い出します。直すと「物凄まじき山路かな」と右足を出し幕方に半身で向く形で謡い地謡に。

逆に左足を前にして正先を見る形となり、直して「月も隈なき深更に」とシテ柱辺りまで一度進み出、退って二ノ松から再び歩み出すと「渡せる橋に置く霜の」と正中まで出て下を指して「まだ 渡りし人の跡もなし」と見回し、下がって台に右足を乗せ「嬉しや今ははや 思う願いも満つ潮の」とユウケンします。扇を閉じて立ち、ゆっくりとワキ座に向かいますが「夜馬に鞭うつ人影の」と幕方を見て立ち、後シテの出を待つ形になります。

大癋(おおべし)の囃子で後シテの出。厚板、半切に金の袷狩衣を着け、悪尉の面に唐帽子、右手に唐団扇を持って一ノ松まで出て謡い出しです。
シテは「そもそもこれは 黄石公という老人なり」と謡います。ワキはワキ座に着座し、シテは開キ。続けて「ここに漢の高祖の臣下張良という者」と語り出し「義を全うして心猛く」とイロ。「賢才人に超え」から大ノリとなり、地謡との掛け合い。

シテは「天道に通じて忽ちに」で唐団扇で小さくサシ込み開キ、「大事を伝えて高祖に仕え」とやや右を向いて左袖返し、サシ回しして橋掛りを小さく一回り廻ると「汝に伝えんと 駒を速めて」で橋掛りを歩み出して舞台に入り、常座から「張良遙かに見奉れば」とワキを見込みます。
さらに両手を広げ直しつつ「眼の光も辺りを払い」と台上に上がり、ワキが立ち上がる一方でシテは床几に腰を下ろします。「橋もとに畏まり」とワキがワキ座に下がって両手を突くと、シテはワキを見込んで「いかに張良 いしくも早く来たるものかな」と声をかけます。

「その時張良立ち上がり」と謡いつつ、ワキは立ちあがって「衣冠正しくひきつくろい」と両袖を見、ゆっくりと正先へ進みます。
シテは「あっぱれ器量の人体かなと 思いながらも今一度 心を見んと石公は」と謡い、再度張良を試すことにしますが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2158-54048ce6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。