能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

張良もう一日のつづき

ワキはシテの謡のうちに、正先から階を過ぎ、角、常座へと進んで一畳台の脇に立つ形になります。
地謡が「履いたる沓を馬上より」と謡い、後見が後ろから出てシテの横、笛座側に控えて沓を持ち構えます。「遙かの川に 落とし給えば」の謡に合わせ、シテがとんと一つ足拍子を踏んだのを合図に、後見は沓を正先へと投げ、ワキがこれを取ろうと進み出ます。
流レ足で常座側へ、さらに正先から笛座前、戻って正先からワキ座あたりへと、川に流れる沓を追う形で所作を見せますが「取るべき様こそなかりけれ」と、ワキ座に立ち、続くノリ地「不思議や川波立ち返り」で幕方を見込みます。

ここで早笛、ツレ龍神の出。朱地の法被半切、赤頭に龍戴を頂き肩脱ぎの形で登場して舞台へ。「流るゝ沓をおっ取り上げて」と沓を取り、常座から小廻りしてワキを向くと足拍子踏んで働。
舞台を颯爽と廻って舞上げるとワキの謡。
「張良騒がず剣を抜き持ち」と謡って剣を取り、続く地謡で剣を抜きます。

この後見が沓を投げ入れてからの展開は、ハプニングが起きやすいところで、後見の投げた沓が舞台から落ちてしまったり、というのも見ています。今回は後見、喜正さんの投げた沓は見事正先の良い場所に落ち、その後のワキ常太郎さんの流れ足もキレイだったのですが、思いもかけないところでハプニング。

しかし常太郎さんはまったく動ぜず、まさに「張良騒がず」のままに剣を抜き持ち、ツレ龍神が「持つたる沓を 差し出せば」と正中から寄って沓を渡すと、これを受け取り台上のシテの横に寄ります。
「石公に履かせ奉れば」と、靴を履かせた態でワキがワキ座にさがるとシテ謡。
「石公馬より静かに下り立ち」とシテは立って台を下りワキを向きます。ワキは立ち上がると「一巻を取り出し張良に与え」の謡に、シテに寄って膝をつき、シテの差し出す巻物を受けとるとワキ座へ下がって広げ「悉く拝見し」と読む形になります。

「又かの大蛇は観音の再誕」の謡にツレ龍神は立ち上がり正先で開キ。常座から橋掛りに進んで幕に走り込み、ワキがワキ座に戻ると「石公遥かの高山に登り」と、シテはゆっくり常座から橋掛りへと進んで一ノ松。高砂同様に両手を合わせて広げ「金色の光を虚空に放し」て橋掛りを進み、幕前で両手を上げて袖を巻き、直して留となりました。

披きの常太郎さんが、ハプニングをものともせずに見事に舞台を勤めたのが光りましたが、この曲のシテもなかなかに難しいところとあらためて感じました。老練の喜之さんならではの舞台だったかと、しみじみ思い返しています。
(60分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2159-9923cd7f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad