能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

谷行またまたのつづき

ワキが再び面を上げクセ。短い謡ですが、行者の道に進みながらも、親子恩愛の思いに嘆かざるを得ない思いが謡われ、「親子恩愛の 歎きに等しかりけり」とワキは両手を上げてモロシオリの形になります。

小先達が「かくて時刻も移るとて」と謡い、地謡が「皆面々に思い切り・・・」と続けます。一同は腰を浮かせて立ち上がり、「嶮しき谷に陥れ 上に覆うや石瓦 雨土塊を動かせる」の詞章の通り、野口能弘さんと則久英志さんの二人がワキに寄って子方を抱え上げ、台に上がると、台の手前見所側に子方を寝かせ上から小袖を掛けて谷行を行った形となります。小先達も台に上り「皆面々に泣き居たり」の謡にあわせ、ワキがモロシオリ、一同片シオリして嘆く態となります。

小先達が「や」と声を出し「早夜が明けて候」と夜明けに気付いた風で立ちあがり、ワキに声をかけます。小先達の立つ動きに合わせ、一同はシオル手を下ろしますが、ワキはモロシオリの形のままにいて、小先達に声をかけられてはじめて手を下ろします。

小先達は夜も明けたので急ぎ出立をと促しますが、ワキは自分は後から行くので皆で先に行ってくれるように言います。小先達がさらに促すと、ワキは都に戻って松若の母になんと言えばいいのだ、自分も谷行にしてほしいと答えます。小先達はその歎き尤もと言って立ち上がり、常座から一同に声をかけます。

再び相談役山伏の舘田さんが立ち上がって向き合い問答に。
小先達は阿闍梨に出立を促したが、歎きが深く自身も谷行にしてくれと申されている、どうしたものかと問いかけます。これを受けて相談役は、年月、行を行い徳を積んできたのはこういう時のためであろうから、ここは一祈り祈って、松若殿を蘇生させようと言い出します。
これを受けて小先達は再び常座から正中に出て下居、ワキに一祈りして松若を蘇生させようと皆が言っている旨を告げます。
これを聞いてワキは喜び、笛座方を向いて一同に、松若を蘇生させるため力を合わせて欲しいと言うと、一同は一度後ろを向いて数珠を取り出しノットで立ち上がるとワキが正先へ。ワキを先頭に雁行の形になります。
さてこのつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2166-38446bd9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad