能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

寝覚のつづき

ワキの一行は、向き合って三遍返しの次第からワキの名乗り。
ワキは延喜の帝に仕える臣下と名乗って、信濃国木曽の郡に、寝覚の床というところがあり、三帰(みかえり)の翁といって寿命の延びる薬を与える者があると帝が聞かれ、急ぎ見て参れとの命を受けて寝覚の里へ急ぐところと語ります。

続いて道行、山また山を越えて木曽路を辿り、寝覚の床にやって来たと謡ってワキの着きゼリフ。翁を待とうと一同はワキ座に着座し、シテの出を待ちます。

真ノ一声でシテの出。先に直面のツレが無地熨斗目に青色の水衣の姿で出、一ノ松まで進んで振り返ります。
後から出た前シテは小牛尉なんでしょうね、なんだか人の良さそうな雰囲気の面でしたが、それに尉髪、茶地の無地厚板着流しに濃い緑のシケ水衣、負柴を背に杖を突いての登場です。装束付には翁付の際にはシテ、ツレとも白大口を着る旨の記載がありますが、本日は翁付ではありませんので着流し。

橋掛りで向かい合っての一セイ、ツレ二の句、二人揃って「世を鶯の声しげし」と謡って舞台へ。ツレは正中、シテは常座にと進みます。

シテのサシ「所から春立つ山路分け過ぎて」、二人向き合ってこれに続け、さらに上歌と、信濃路、木曽の春の風情が謡われます。
上歌の終わり頃「解けて落ち来る谷川の」で二人は動き出し、立ち位置を入れ替えて「水も岩根や伝うらん」と謡い納めつつ、シテは正中、ツレは角に出て階を向きます。

ワキが立ち上がってシテに向き、声をかけます。
シテは見かけない人だが都から御出かと聞き返し、これを受けてワキは、延喜の帝に命ぜられて三帰の翁に会いに来たことを話し、翁の家を教えて欲しいとシテに問いかけます。
勅使と聞いて、シテ、ツレは敬意を表し下居「あらありがたや候」と謡うと、再び立ち上がって、三帰の翁には生まれた所も、出自の所もなく、ただいつの頃からか寝覚の床に住む老人なので、いずれここにやって来るだろうと謡います。さらにワキとの掛け合いの形になりますが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2170-770e0005

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad