能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

寝覚またつづき

間狂言が退場すると下り端が奏され、後ツレの出となります。まずは天女が二人登場してきます。緋大口に紫の長絹、天冠を着け橋掛りを進むと、一ノ松と二ノ松に立ち正面を向いて開キ。
渡り拍子の地謡を聞き、「雲の通い路吹き閉じよ」でやや右を向き、袖の露を取って舞台に進みます。「糸竹も音を添えて」と舞台中央に進み、正へサシ込み開キ、答拝してと天女ノ舞の相舞です。

表が桜、裏が紅葉の中啓を広げ、初段で左袖を被いて立ち位置を入れ替え、さらに二段でも立ち位置を入れ替えながら優美に舞います。
全く同じ舞を並んで舞うだけでなく、立ち位置が入れ替わるなど変化があり興をそそります。舞上げると笛座前に二人が座してシテを待つ形。

引廻しの内より「そもそもこれは医王仏の化現」と後シテが謡い出します。
大ノリの地謡が「その時老翁枢を開き」と謡い出すと、ゆっくりと引廻しが下ろされて後シテが姿を現します。金地の半切に茶地に金の袷狩衣、面は悪尉・・・パンフレットの表紙が鷲鼻悪尉でしたので、この面だったかもしれません。
なんだか先日の「張良」の時の黄石公と同装のような感じもしたのですが、ともかくも姿を現した後シテは、扇を上げてワキ座方から目付方を指し示しつつ「東南に雲晴れ 西北の風も 吹きおさまって」と謡い、地謡の「花降り異香音楽の響き」で立ち上がると台を下ります。

六足ほどでサシ込み開キ「少女の袂」と小さく舞台を廻りつつ袖の露を取り「返す返すも面白や」の謡に大小前サシ込み開キ、答拝して楽となりました。

楽は、三度も若返ったという不思議な翁らしく、ゆったりと舞われますが、四段で台上に左足を載せ、右の袖を巻き上げると、地で直して立ち舞い続けるなど、独特の型があります。
楽を舞上げるとノリ地の謡となりますが、このつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2174-73ed80f2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad