能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

寝覚もう一日のつづき

「夜遊の舞楽も時過ぎて」の謡に、シテは大左右、正先へ打込、開キ「有明方の 月も落ち来る」で出て雲扇。
直すと「不思議や川波烈しく荒れて 二龍の姿は現れたり」の謡に、ワキ座から常座へとツメて幕方を見込み、早笛で台上に戻り床几に腰を下ろします。

黒髭の面をかけ、赤頭に輪冠龍戴をいただき、厚板に法被半切の龍神二人が現れ、先の龍神は常座へ、後の龍神は一ノ松に立ち、地謡の「両龍王は川波に浮かみ」で六拍子を踏みます。さらに先の龍神が目付に出ると、地謡の「かの御薬を 捧ぐる気色」の謡に、後の龍神が台上のシテに薬を渡す・・・のですが、この辺りメモが混乱しています。
先に出た龍神が薬を持って常座に立ち、一ノ松に立っていた後の龍神が舞台に入って先の龍神から薬を受け取りシテに渡す、と読めるのですが、はて本当はどうだったのか、最初から後の龍神の方が薬を持っていたのではなかったか、今ひとつ記憶がハッキリしません。なにぶん時間が経っていまして、やむを得ないところと思っています。

ともかくも、先の龍神は台の右に控え、後の龍神が常座から台上をうかがって、シテの「老翁喜びの思いをなして」の謡に、薬を捧げます。
地謡が「老翁喜びの思いをなして」と受け、シテがゆっくりと薬を下ろすと、「神通自在の秘術を現して」の謡に、龍神二人は立ち上がり、舞台を一回りし、小廻りして出ると舞働です。

龍神が舞上げるとシテが「かくて時移り 頃去れば」と謡い、立ち上がって台を下ります。地謡が受け「かの御薬を君に捧げ」と謡うと、シテは正中で薬をやや差し上げてワキに寄り、下居して薬を渡します。「これまでなりと」の謡で立ち上がり、正中まで下がり正面に向いてサシ回し角へ。左の袖を巻いて「木曽の桟道ゆらりと打ち渡り」で二つ拍子を踏みます。「帰り給えば」で正先から一畳台へと戻ると、龍神が立ち上がり、橋掛りへと進んでそのまま幕に入ります。
「夜も白々と 明け方の空に」の謡にシテは出て開キ、正先へと進むと左袖、右袖と巻き上げて正先から常座へ。「夢の寝覚は 覚めにけり」の謡に小さく回って袖を直し、開いて留拍子を踏みました。
珍しい一曲でしたが面白く楽しませていただきました。
(92分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2175-148b4659

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad