能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍馬天狗のつづき

さてアイがワキに寄り、下居して文を渡すとワキは文を読みます。東谷の僧であるワキに、西谷の僧から花の盛りなので見に来るようにとの誘いの手紙です。このワキの詞を受けての地謡でアイは狂言座に下がり、ワキは一度斜め後ろを向いて胸に書状をしまった後に正面を向き、しばらく謡を聞くと「奥も迷わじ咲き続く」あたりで一同は舞台に入って「花を眺めん」と着座します。

ワキはアイを呼び稚児の慰みに何かせよと命じ、アイがこれを受けて小舞を舞います。
アイの小舞は和泉流ですので風車ないし小弓などと呼ばれるものですが、大藏流の「いたいけしたるもの」と同曲。

このやり取りのうちに、「いたいけしたるもの」の謡い出しで、後見座にクツロイでいたシテが立ち上がって一ノ松に出ます。「虎斑の狗子(えのころ)」あたりで常座から舞台に入り角に安座します。
これを見咎めて、アイはワキに狼藉者を追い立てようと訴えますが、ワキは無用だとこれを押し止め、花は明日でも見られる、ここを立ち去ることにしようと言って花見やワキツレを従えて退場してしまいます。
一同が退場すると、アイは再び立ち上がって常座に出、腹立ちのほどを述べると目付に出て、「これ、これをいただかしょうものを」と拳を振り上げ、シテに悪態をついて退場します。

舞台が静まりシテの謡。賑やかな花見の様子、アイのひと騒ぎから、シテと子方二人のしみじみした場面に切り替わるところ。静かなシテの謡に子方牛若が答えて、シテと子方の掛け合いになります。
鞍馬寺の本尊は大悲多聞天、分け隔て無く慈悲の心を注ぐ仏であるが、(そこに仕える人たちが)よそ人と分け隔てをするのは慈悲に漏れたる人々であることよ、と嘆く謡。
子方はシテに近く寄って花を見るようにと勧め、さらに謡が続きます。

地謡の後、シテはあらためて子方に、稚児達が皆帰ってしまったのに何故一人残ったのかと問いかけます。
子方は稚児達が平家の一門であることを述べますが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2178-e020f239

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。